Home » 日本とタイのニュース配信

【タイ経済】BTSスクムビット線の延伸区間、2011年8月より無料運行開始【タイ経済】BTSスクムビット線の延伸区間、2011年8月より無料運行開始

[2011年5月6日(Fri) 6,852 views]

【タイ経済】BTSスクムビット線の延伸区間、2011年8月より無料運行開始

BTSスカイトレイン

バンコクの中でも有望な不動産市場としても期待されているBTSスクムビット線延伸区間、オンヌット駅以東のバンチャック駅、プンナウィテイ駅、ウドムスック駅、バンナー駅、ベーリン駅の5駅の開業の準備が進み8月12日予定で無料試験運行が始まります。タイでいういわゆる「ソフトオープン」です。来年1月までこの区間は無料とのことです。

BTS延伸 バンチャック駅

2011/5/ 4 (02:30)以下newsclipより引用

【タイ】バンコク高架電車BTSは4日、スクムビット線延伸区間(オンヌット―ベーリン、5,3キロ)で試験運行を行う予定だ。順調に行けば、8月12日から、延伸区間で乗客を乗せた無料運行を行い、来年1月、正式に開業する。

 BTSの路線総延長は延伸区間を加え、スクムビット線(モーチット―ベーリン)が22,3キロ、シーロム線(ナショナルスタジアム―ウォンウィエンヤイ)が8,7キロになる。

【経済】 04/21 以下バンコク週報より引用

バンコク都心で運行する高架電車「スカイトレイン」(BTS)の利用者数が3月に過去最高の1440万人を記録。前年同期比で10・8%増、前月比で約20%増となった。

 この理由についてBTSグループホールディング傘下のバンコク大量輸送社(BTSC)幹部は、「ガソリン高騰でマイカー通勤から公共交通での通勤に切り替える人が増えた。また、特に混雑するシーロム線に4両編成12本を新たに投入したことなどが、通勤客に好感された」と分析する。

 また、スカイトレイン沿線では新築コンドミニアムが次々とオープンしており、新たな利用者が増えているとのことだ。

 なお、3月における1日あたりの平均利用者数については、前年同期比で7万人増の50万5,000人を記録、月間売上3億5,300万バーツを達成した。例年だと利用者が低迷する4月だが、今年は57万2,000人を維持しているという。


※BTSとは?ウィキペディア バンコク・スカイトレイン

ルンピニから新しくスクムビット ソイ101/1に移転したナイトバザールやタイローカルでごった返すマーケットのあるウドムスック、交通の要所でありアジアでも最大級のメガモールができる予定のバンナーとそれぞれの駅界隈に特徴があります。ここから先はスワンナプーム空港や日本人の多い工業団地、旅行者で賑わうゴルフ場、さらに進むとビーチリゾート、パタヤがあります。

10年以上前は特に脚光を浴びていなかったオンヌット駅付近がここ数年のコンド市場で注目を浴びているように、この延伸区間はタイの全人口の40%が集中するといわれるバンコク首都圏(グレーター・バンコク)のさらなる広がりを差し示す動きです。今後新規プロジェクトのアナウンスやタイ人中間層の中低価格帯コンドミニアムへの入居が見込まれます。

BTS構内

参考情報
◎祝!スカイトレイン オンヌット~ベーリン開通 沿線ミニガイド(2011/8/13更新)
◎エリア情報~BTSスクムビット延長区間1(オンヌット~ウドムスック)~
◎エリア情報~BTSスクムビット延長区間2(バンナー~ベーリン)~
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ