Home » コンドミニアム情報 パタヤ, ヘッドライン

夏のリヴィエラ コンドってやつは思い通りにならないものさ~今が底値でゲットして、 モノレール建設後のパタヤの復調に賭けてみる?夏のリヴィエラ コンドってやつは思い通りにならないものさ~今が底値でゲットして、 モノレール建設後のパタヤの復調に賭けてみる?

[2020年6月2日(Tue) 526 views]

THE RIVIERA GROUPはパタヤに5件のコンドミニアムを開発しているディベロッパー(3件は完成済み、2件が工事中)。パタヤベースの業者としては新興組ですが、ここ数年ではもっとも広告展開の露出が目立つ存在です。

不動産情報誌に掲載(2015年10月)された記事

不動産情報誌に掲載(2015年10月)された記事。オーナー夫妻自らが前面に登場しています。

英語と並んでロシア語の表記が見える、2014年にパタヤで開かれたコンド見本市
2014年にパタヤで開かれたコンド見本市

2014年にパタヤで開かれたコンド見本市、英語と並んでロシア語の表記が見えますね。この当時は多数のロシア人がパタヤのディべロッパーやエージェントで働いていたものです。

バンコクで開催されたコンド見本市(2014年)
バンコクで開催されたコンド見本市(2014年)

こちらはバンコクで開催されたもの(2014年)

デパート(サイアムパラゴン)内で開催されたコンド見本市

デパート(サイアムパラゴン)内でも、

ホテル(CONRAD BANGKOK)で開催されたコンド見本市

ホテル(CONRAD BANGKOK)でもと、催し物があれば必ずといっていいほど出展ブースを見かけました。特段、気にかけてウォッチしていたという訳でもありませんので、余程目立っていたのでしょう。

ゴージャス感を強調したパンフレット

パンフレットでもゴージャス感を強調していますね。上記画像の左側のプロジェクト、THE RIVIERA WONGAMAT BEACHのセールスオフィスを訪問した際の過去記事がありました。

北パタヤ WONGAMAT~ウォンアマットビーチの新旧コンドミニアム巡り
(2014年6月)

ショールームの造りも力が入っていて、担当のスタッフさんのトークも(勢いが)超強力だったことが印象に残っています。

同社の手がけるコンドミニアムはいずれも高層大型で、5物件の総ユニット数は3500室を超えます。なかでもこのTHE RIVIERA WONGAMAT BEACHは1000室近いメガプロジェクトなのですが、

物件のセール情報

今回のコロナ禍で多くの売り物件が出てきているようです。リストの一番上、31.5平米のユニットが100万バーツ以上のディスカウントになっています。小面積の部屋ですのでかなりの割引率。値下げ後の平米単価は約92000バーツほどになりますが、そもそも売り出し時の価格は幾らだったのでしょうか?

2014年訪問時のプライスリスト

こちらは2014年訪問時のプライスリスト、その時点での在庫一掃セールだったのでしょうか、フロアが異なっても価格均一となっています。平米単価では85000バーツ、現況のバーゲン後よりも低い数字です。

リゾート立地のプロジェクトは眺望の相違によってかなりの価格差がつくことが多いのですが、購入のタイミングによって価格設定のバラつきが激しく、同一条件の部屋でもオーナーによって取得費用が大きく異なっています。現況~今後は本物件のみならず多数の売却ユニットが登場してくるでしょうから、売主さんに「率直に言って、幾らで買われました?」と聞いてみるのも一つの手ですね。その際には上掲のような“過去の実際の見積もりや価格表”提示が大きな武器となります。

取得時と比べてかなりの上乗せを行っている~外国人だから分からないだろう~という思惑の売り手(&エージェント)を排除できますし、逆に真剣に売却を検討している売り主に対しては「以前からこの物件に注目していて、プリセール時の資料等も保管している。今回は条件が合えば是非購入する予定だ」といった“本気度”をアピールすることが出来ますので。

パタヤのメガプロジェクトでいえば、1200室以上のユニットを持つUNIXX SOUTH PATTAYA(参考記事/総ユニット 1200室超!RAIMON LAND社がパタヤで4件目の新規プロジェクトを発表。スタジオタイプが100万バーツ台前半で購入可能) なども大幅なディスカウント提示のケースが増えてきています。

以前から報道されていたモノレール建設に向けての動きが、再び活発化しているというニュースも登場しました。(北パタヤ~セカンドロードを貫通してサウスパタヤ、バリハイへ至るルートのようです)

Pattaya City unveils plans for nine-kilometre monorail
(BANGKOK POST  5月24日記事)

見た目の値下げ幅だけに捕らわれることなく真のお宝物件をゲットして、パタヤの復調を楽しみに待つというのも一興かもしれませんね。人に荒らされることの少なくなったビーチリゾート、少なくとも海の透明度と砂浜の白さはアップしていることでしょう・・・

パタヤビーチの写真

*文中の数字、仕様等は変更される可能性があります。

毎日更新中
バンコクマインド タイの過去現在未来と音楽書籍映画の旅

◆この記事について問い合わせる

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージ本文

送信内容に問題がなければチェックを入れてください。



関連記事
◎ プール・ジム完備の築浅プロジェクトが200万円台~新型肺炎が拍車をかけるパタヤのコンドミニアム大安売り
◎ タイの中古コンドミニアム探訪~FILE⑤ せっかくパタヤで買うのなら、リゾート感覚溢れる大人のプロジェクトが欲しいのだ・・・
◎ 車もなければバイクもない~そんな貴方と私のパタヤロケーション&コンドミニアムぐるっと周回ツアー