Home » タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン

えっ、そうだったの?旧エリートカードに関する「重箱の隅をつつく」 小トリビアの泉えっ、そうだったの?旧エリートカードに関する「重箱の隅をつつく」 小トリビアの泉

[2020年10月20日(Tue) 284 views]

前回に続いて、旧タイランドエリートについて取り上げてみましょう。旧カードが発行されていたのは随分前ですので、当時のパンフレットやホームページでの記載事項を確認することは今となっては困難。また各種特典の詳細や利用方法なども実際に経験して初めて分かることも多いはず。今回はQ&A形式にて、色々な角度から旧カードのあれこれにスポットを当てていきます。

「Thailand Privilege Card Company Limited」の社名板
        
Q メンバー特典のスパやゴルフ場に変更はあるのでしょうか?

A  あります。初期の頃からですと相当数が入れ替わりになっています。ですので特定のゴルフ場やスパの利用狙いという方には、あまりお勧めできません。

当初からリストに名を連ねている KALAVEK SPA。バンコク郊外ベーリン地区にあるが施設は豪華
(当初からリストに名を連ねている KALAVEK SPA。バンコク郊外ベーリン地区にあるが施設は豪華)

Q 特典利用はどのように予約するのですか?日本語は通じますか?

A すべての特典について、申し込みはメンバーコンタクトセンターに連絡することになります。英語、日本語、その他の言語もあり。人気のあるスパやゴルフ場などは早めに予約を入れたほうがベター。またキャンセル規定もありますので注意しましょう。

Q 空港でのラウンジは、利用時の航空券がエコノミーでも良いのですか?

A 航空会社の別やチケットのクラスによらず、メンバーはラウンジの利用が可能です。

スワンナプーム空港のラウンジ。スペースも広く料理やスナックの種類も多い
(スワンナプーム空港のラウンジ。スペースも広く料理やスナックの種類も多い)

Q タイ国外に居る間に、パスポートに貼られている5年間査証が失効してしまいました。そのままで構わないのでしょうか?

A 次回のタイ入国時に、空港にて新規の査証を取得することが出来ます。エリート事務局のスタッフが付き添いますので、手間および時間もかかりません。

バンコクポスト紙掲載記事
(バンコクポスト紙掲載記事)

Q 通常のビザにはシングルとマルティプルの別があると聞きました。エリートビザではどうなっているのですか?

A エリート査証はマルティプル(何回でも出入国自由)のステイタスが与えられていますので、別途の手続き等は不要です。

Q 無査証でのタイ訪問を頻繁に繰り返していると、入国不許可になるケースもあると聞きました。実際カウンターでかなりチェックされたこともあります。エリート査証の場合はどうなんでしょうか?

A エリート査証では出入国回数の制限等はありません。

Q 5年間査証の切り替え時に、別料金が発生するのですか?

A 不要です。

Q 新カードと旧カードでは滞在スタンプの期間に違いがあるそうですが?

A 新旧カードともにタイ国外に出国することなく長期間のタイ滞在が可能ですが、旧カードでは3か月毎に滞在延長の手続きを行う必要があります。新カードでは1年毎の延長となりますので、この点では新カードのほうが簡便です。延長手続きは最寄りのイミグレーションオフィスで行います。(延長料は1900バーツ)

バンコクのイミグレーションオフィス。政府総合庁舎の奥に位置しているので、タクシー利用がお勧め
(バンコクのイミグレーションオフィス。政府総合庁舎の奥に位置しているので、タクシー利用がお勧め)

Q タイには90日リポートという住所届のシステムがあったと思いますが、エリートメンバーもしなくてはいけないのでしょうか?

A 全ての外国人長期滞在者に課せられていますので、会員も行う必要があります。

Q ゴルフやスパの利用時にサービス料やVATも含めて無料ということですか?

A そうです。(テラピストさんやキャディーさんへのチップは含まれていません)

Q メンバー間の交流やイベント、パーティー等はありますか?

A 会員には毎月ニュースレターが配信されます。またメンバーのみが参加可能なツアーなども各種企画されています(参加人数に限りあり)

環境保護や地域のコミュニティとの交流など、一味違ったワンデイトリップを開催
(環境保護や地域のコミュニティとの交流など、一味違ったワンデイトリップを開催)

Q 空港送迎の際、高速道路料金などはメンバー負担ですか?

A 不要です。

Q メンバーが不慮の事故で亡くなった場合の会員権利はどうなるのでしょう。

A 残念ながら失効となり、譲渡等も行えません。また家族会員の権利も失われます。

Q エリートカードは付帯している特典利用以外で、タイで何かメリットはありますか?

A 一般のタイ人にはまったく知られていませんので、日常の生活においては特に役立つ機会は無いと思われます。不動産購入や賃貸の際、あるいは“ハイソ”なタイ人層と付き合う際に、好印象を与えることは出来るかもしれません。

花と「Thank you」の文字の入った箱の写真

*上記の内容は体験的事例に基づいたものであり、100%の正確性を保証するものではありません。各種条例、規則等は変更される場合もありますのでご了承ください。

毎日更新
バンコクマインド タイの過去現在未来と音楽書籍映画の旅

◆この記事について問い合わせる

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージ本文

送信内容に問題がなければチェックを入れてください。



関連記事
◎ 日本人には、バンコクのどのエリアが一番住みやすいのか? 答えはずばり、プロンポン&トンローのワンツーフィニッシュ
◎ タイでの住居、買うべきか借りるべきか? それぞれの特徴を色々と比較してみる
◎ 海外各国の移住&投資セミナー@バンコク やっぱりタイが最高のチョイスではないだろうか