Home » コンドミニアム情報 オンヌット~ウドムスック, ヘッドライン

コロナ禍なんのその、細胞分裂のようにコンドミニアムが増殖を続けるオンヌットコロナ禍なんのその、細胞分裂のようにコンドミニアムが増殖を続けるオンヌット

[2021年5月4日(火) 424 views]

かつてはスクムビットの「東の端」(最果て、では言い過ぎですね)といったイメージがあったオンヌット。10年ほど前からコンドミニアムの建設ラッシュに拍車がかかり、今ではスカイトレイン駅を高層プロジェクト群が取り囲む一方、近隣のソイにはローライズのプロジェクトが軒を連ねています。

コロナ禍のオンヌット

オンヌットの変遷については本サイト開始時から度々取り上げていますが、3年半前の時点でまとめた記事がこちら。

増えも増えたりオンヌット ここ10年でコンドミニアム50プロジェクト、23000室以上の新規供給の現実 (2017年12月)

今回は、現在も続くコロナ禍におけるオンヌットを歩いてみることにしましょう。

新築&築浅コンドミニアムの立て看板

オンヌットはコンド増殖中

昨年度以降、バンコクではディベロッパー各社が新規のプロジェクト発表を控えているのですが、駅周辺の道路上には新築&築浅コンドミニアムの立て看板が相当数見られます。コロナ禍以前に既に供給過剰の様相を呈していたわけですが、この地ではどうやら”コンド増殖”の勢いは衰えていないようです。

スクムビット ソイ52に建設中の QUINTARAの外観

約34平米のワンベッドルーム

8階建ての低層物件の機能的なワンベッドルーム

こちらはスクムビット ソイ52に建設中の QUINTARA (8月完成予定)、8階建ての低層物件です。室内の画像は約34平米のワンベッドルーム。既に8割ほどのユニットが予約済みとのことですが、価格のほうは平米単価で13万バーツ~のレンジとなっています。実際の引き渡し時には家具や電化製品等は付帯していませんので、上階のフロアですとその他経費を含めて、500万バーツ以上の予算となります。

想定家賃を訪ねると、2万バーツは確実とのスタッフ談。しかし、この物件はソイ奥立地(駅から400メートル)で、辿り着くまでのあいだに相当数の”先輩コンド”が完成済みになっています。それらのユニットの平均家賃はずっと割安ですので、なかなか思惑通りにはいかないような気も・・・(仮に想定の数字を達成出来ても実質のリターンとしては3%程度なのですが)

スクムビット ソイ52の数々のコンドミニアムの外観

スクムビット ソイ52にはかなりの数の賃貸物件

日本語対応OKのコンドミニアムも

スカイトレイン駅前に大型スーパーがあるオンヌットは、長年買い物拠点として親しまれてきました。しかし近年、2駅先のプンナウィティに居住棟やオフィス棟を併設したモダンなショッピングモールが誕生、バンナー交差点には更に規模の大きな総合商業施設が建設中です。加えてスワンナプーム空港からバンナーには新線(ライトレール)運行のプランも予定されています。

プンナウィティ駅直結のモールの外観
(プンナウィティ駅直結のモール)

「この辺りで買物となるとやはりオンヌット駅かな」という時代から「今日はどこのモールで買おうかな」という選択の時代が遅からず到来するはずだ。

今から10年前の記事(オンヌットの過去・現在・未来)中に書いた文章ですが、コロナ禍を経たオンヌットの底力がまさに今、試されようとしているのでしょうね。

オンヌットに乱立するコンドミニアム

*本文は2021年3~4月時点での情報です。文中の数字や仕様は変更される場合があります。

毎日更新中
バンコクマインド タイの過去現在未来と音楽書籍映画の旅
バンコクマインド タイの過去現在未来と音楽書籍映画の旅

◆この記事について問い合わせる

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージ本文

送信内容に問題がなければチェックを入れてください。

関連記事
◎バンコク市内スカイトレイン沿線で好印象の中古コンドミニアム4選、平米単価5万バーツで見つかります
◎あなたの部屋はこのアパートに勝てますか?@オンヌット~バンコクのコンドミニアムオーナー&購入予定の皆さんへ
◎オンヌットの隠れ家コンド、平米単価が2万バーツ台!緑に包まれた戸建て感覚の215平米メゾネットルーム