Home » ヘッドライン, 日本とタイのニュース配信

バンナーエリアに大型ショッピング施設が続々とオープン予定バンナーエリアに大型ショッピング施設が続々とオープン予定

[2011年11月25日(Fri) 3,816 views]

バンナーエリアに大型ショッピング施設が続々とオープン予定

本年夏にスカイトレインが開通し、都心部へのアクセスが容易になったバンナー~ベーリン界隈だが新規のコンドミニアム建設に加え、各種商業施設の計画が進んでいる。従来このエリアのランドマークとしては老舗のセントラル・バンナーがあるが、今月には同じくバンナー通り沿いにIKEAのメガショップがオープンし注目を集めている(参考記事 IKEA  圧倒的なスケールでバンナー通りに11月3日 オープン!) ただ両施設ともスカイトレイン沿線の立地ではないので、BTS利用者にはアクセスにやや難があることは否めない。

沿線のより活性化のためには、スカイトレイン駅至近の大型商業施設が望まれるところだが、現在予定されているのがTHE MALL BANGNA。ラムカムヘンやバンカピ、バンケー店などバンコク市民に親しまれているTHE MALLデパートがバンナー交差点に建設予定だ。

ショッピングモール予定地の新聞記事
THE MALL BANGNAの建設予定地のバンナー交差点(ウドムスック方向)

同エリアでは大手のTCCランド社がショッピングモールを手掛ける予定もある。こちらはTHE MALLのような総合デパートではなく、近年増えている“コンセプトモール”とでも呼ぶべき特色のあるフロア造りになりそうだ。

ショッピングモール予定地の新聞記事
イメージ図には雷門の提灯が

またスカイトレインの終点ベーリン駅近辺では約1キロ先のインペリアル・ベーリン(BIG C)および周辺のサムロンマーケットが一大ショッピングゾーンとなっていて終日賑わっているが、よりベーリン駅に近いスクムビット ソイ72のエリアでも新規のマーケット計画がある。BTS開通とともに個人商店の数も徐々に増えてきており、バンナー~ベーリン一帯の今後の発展が期待できそうだ。

古式マッサージ店
ベーリン駅近くにオープン予定のタイマッサージ店

タイ料理レストラン タイ料理
味も良好 コンドミニアム見学の際にもどうぞ スクムビット ソイ107のタイ食堂 PANDA HOUSEのメニュー

関連情報
◎エリア情報~BTSスクムビット延長区間2(バンナー~ベーリン)~
◎タイのコンドを選ぶ時の8つのポイント
◎タイのコンドミニアム購入者が語る「ここが決め手! 私のコンドミニアム購入記」

—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ