Home » コラム, タイ初心者ガイド, ヘッドライン

初心者ガイド タイの格安物件の所有のメリットとは?初心者ガイド タイの格安物件の所有のメリットとは?

[2011年7月20日(Wed) 7,669 views]

初心者ガイド タイの格安物件の持つメリットとは?

本サイトではバンコクのコンドミニアムを中心に低~中価格帯の物件を数多く紹介していますが、「タイで暮らすこと、タイの格安コンドミニアムがお薦めの理由」を何点か挙げてみることにしましょう。

*首都バンコクの物件であること

バンコク サイアムパラゴン
格安物件といえども飛行機や車を乗り継いでといった地方都市の話ではありません。あくまで東南アジアの一大ハブ、バンコク市内の立地の新築物件です。またそのロケーションも市内中心部の目抜き通りとまではいきませんが、決して辺鄙な場所ではなく、スカイトレイン、タクシー、バスなどの交通機関の利用で充分に日常の移動や買物が可能です。

◎バンコク 楽々移動術
◎バンコク交通事情 自転車とモーターサイ
◎大人気!タイマッサージとスパについて その2
◎【タイ経済】BTSスクムビット線の延伸区間、2011年8月より無料運行開始

*施設の充実

パタヤのプール
タイのコンドミニアムは低価格帯の物件でもプールやフィットネスなどの共有施設が充実していることが多く、コストパフォーマンスの点からもお得感があります。また施設内にレストラン、カフェ、コインランドリー、コンビニエンスストアなどの店舗が入居していることも多く、日々の生活にも大変便利です。

◎コンドミニアムとアパート、サービスアパートの違い

*治安の問題

バンコクのコンドミニアムの警備員

海外の多くの国では住居に関する費用(販売価格や賃料)が治安に大きく関係してくる場合があります。要するに“安い物件=危ないエリア(住環境として好ましくない)に位置している”ということですが、バンコク市内の低価格帯のコンドミニアムは「とても外国人が暮らすことはできない」というエリアにある訳ではありません。物件にもよりますが、充分に自己居住用としても利用できます。

◎「バンコク大家」エリアガイド

*日本語環境の充実

日本語対応可能 サミティベート病院
バンコクには数多くの日本語情報誌が揃っており、在住の日本人も多いことから各種のサークル、同好会があります。単身で暮らす方も寂しさを感じることはないでしょう。また市内にはそれこそ無数の日本料理屋があり、外食には何の不自由もありません。日本の食材を扱っている店も多く、日本食での自炊も充分に可能です。日本人の医師や歯科医師常駐の病院や歯科医院が多数あり、日本語による受診も問題ありません。日本語の書店、マンガ喫茶&レンタルなど日本語によるサービスについてはおそらく世界一の環境といってもいいでしょう。こういった“日本的環境”“日本語サービス”の利用頻度については人それぞれで、なかには普段の生活ではほとんど利用しないという人も居ます。しかしいざという時にはやはり頼りになり、重宝するものです。

◎【タイ ロングステイ】バンコクの日本語フリーペーパーまとめ
◎タイでの医療/バンコクの病院について

*日本との行き来のしやすさ

タイと日本各都市のあいだには多くの直行便が飛んでおり、経由便を含めると
豊富なフライトの選択肢があります。時間的にも6時間前後と気軽に行き来ができる距離です。またアジア各国への便も豊富にあることも魅力です。

◎【基本情報】タイへの行き方

世界には多くの魅力溢れる国、都市がありますがバンコクが日本人にとって大変に暮らしやすい街であるのは確かです。まずはショートステイ、そして各自のライフスタイルや予算にあった不動産を入手していくことを検討されてみてはいかがでしょうか。

BTSプラカノン駅付近の建設中コンド

◎タイのコンドミニアム購入者が語る「ここが決め手! 私のコンドミニアム購入記」
◎バンコク大家版、バンコク滞在宿泊ガイド①~高級サービスアパートメント編~
◎バンコク滞在宿泊ガイド②割安なアパート・コンドミニアムレンタル編

—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ