Home » コンドミニアム情報 スクムビットメイン/シーロム、サトーン, ヘッドライン

スクムビット ソイ63(ソイ エカマイ) “コンドミニアム街道” 小さな旅スクムビット ソイ63(ソイ エカマイ) “コンドミニアム街道” 小さな旅

[2016年11月1日(火) 1,089 views]

最近はプラカノンやオンヌットといった“弟分”の攻勢を受けて、幾分地味な印象のエカマイ地区。以前は在タイの日本人から「スクムビットはエカマイまで」と言われたりもしていましたが、今回は兄貴分のプライド?を見せることが出来るかどうか、新旧のコンドミニアムを見ていくことにしましょう。

NOBLE REVEAL

NOBLE REVEAL

RHYTHM EKKAMAI の1ベッドルーム

RHYTHM EKKAMAI の1ベッドルーム

RHYTHM EKKAMAI の2ベッドルーム

RHYTHM EKKAMAI の2ベッドルーム

スカイトレインのエカマイ駅を下車し、観光客にもよく知られているバンライカフェを過ぎると見えてくるのが、NOBLE REVEAL。築4年の大手ノーブル社の物件で、日本人テナントも多く入居している。エカマイ通りを挟んで反対側に建設されるのが、同じく大手AP社の RHYTHM EKKAMAI。既に完売となっているが、タイ人購入者6割、外国人購入者4割と外国人の予約比率が高い。プリセール時の価格は平米あたり、18万バーツ台からのスタートだった。

レッツ リラックス マッサージ ドイツビール
屋台 カフェ

BIGC スーパー

アソーク通り、スクムビット ソイ24、トンロー通りなどと比べると道沿いのショップ数は少ないが、レストランやスパ、アンティークの店などが適度に並んでいる。日用品の買い物には大型スーパーのBIG Cがあるので便利。駅から徒歩圏といえるのはこの辺りまでだろう。隣には低層でやや目立たないが、LE NICE EKAMAI(参考記事/スクムビットメイン/シーロム、サトーンの注目物件1)という築6年ほどのコンドミニアムがある。

エカマイ ソイ12

アルコーブ トンロー10

さらにエカマイ通りを北上し、地元タイ人&ツーリスト双方に人気のタイマッサージ店 HEALTH LAND(参考記事/大人気!タイマッサージとスパについて その2)を過ぎると、(エカマイ)ソイ 12の交差点へ。左手に一見オフィスビルのようにも見えるTHE ALCOVE THONGLOR 10、確かにトンロー ソイ10の延長上ではありますが、実際建っているのは“どっぷり”エカマイでしょう。

メジャー社のMトンローとサンシリ セイル

手前がM THONGLOR 10  奥はサンシリ社の完成済物件 CEIL

外観 プロジェクト発表時の広告

  

ソイ12を右折してすぐの位置にあるのが、大手MAJOR社の M THONGLOR 10。築浅完成済みの物件だが、こちらもエカマイ立地ながらネーミングをトンローブランドに頼っていますね。即入居可(家具付き、壁紙仕様)の29㎡のユニットが400万バーツ台前半から購入可能。

エカマイ ソイ12 周辺は一戸建て タウンハウスが多い

エースエカマイ

エカマイの低層 低価格コンドミニアム

“カフェストリート”として知られるソイ12だが、入口付近は道路改修を終えて道幅がワイドに。10分ほど歩いた位置に建築中なのがTHE ACE EKAMAI、低層8階建ての物件で通りを少し入ったロケーション(現在の販売価格は10万バーツ前後/㎡、プリセール時は8万9000バーツ~/㎡)。

参考記事/“カフェ通り”エカマイ ソイ12 静かな環境で㎡単価 9万バーツ台~の家具・電化製品付き新築プロジェクト

小さな旅の最後は1年ほど前にオープンしたカフェ&レストランのFEATHER STONEへ。

featherstoneカフェ エカマイ

ドリップした濃厚なコーヒー

内装の様子 アンチーク小物 骨董

広めの店内では香り高いコーヒーが楽しめる(但し値段はストレート各種が150バーツ~と高め)。雑貨が揃っているショップも併設されているので、プロンポンやシーロム、サイアムとは違った、「まったりエカマイ」の午後のひと時を楽しむのもよいかもしれない。

*文中の数字・仕様等は2016年10月下旬のもので変更になる可能性があります。

関連情報
◎ 10年は一昔~下町からいよいよ都心へ仲間入り、プラカノンの駅近大型コンドミニアム2件
◎スクムビット ソイ77(ソイ オンヌット) “コンドミニアム街道” 小さな旅 その1
◎エカマイでタグされた記事一覧
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ