Home » タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン

たどりついたら、どこも雨降り~バンコク洪水事情点描 2006~2015たどりついたら、どこも雨降り~バンコク洪水事情点描 2006~2015

[2015年9月15日(火) 1,713 views]

9月~10月は例年バンコクで雨量が多く、市内各地で洪水(冠水)が発生しやすくなる時期だ。先日(9月11日)は昼頃から豪雨となり、ごく短時間で路上に水が溢れだした。下記の画像はいずれもバンナー交差点近くのものだが、低地に水が溜まりこんでおり、それが渋滞を引き起こす結果にもなっている。

バンナー交差点

バンナートラッドの洪水

以下の画像はスカイトレインのベーリン駅直下の様子。歩道にもかなりの高さで水が押し寄せており、バスストップの椅子の上に避難したり、スカイトレインから降りたものの、路上に行けずに階段で立ち往生している様子が分る。

タイ 洪水

スクムビット通り ベーリング駅前のエッソ

続いては今年3月の激しい降雨のあとのトンローのソイの模様。例年であればほとんど雨が降らない時期なのだが、まさに季節はずれの大雨といったところだ。市内中心部のアソーク、プロンポン、トンローでも冠水しやすい地域がある。

冠水を被る乗用車 トンローソイ25付近の冠水

今年は全体的に雨量が少なく、干ばつによる農作物への影響が懸念されているが、タイでは過去にも多くの洪水被害が発生している。下記は今から9年前のバンコクポスト紙の「洪水特集」、それによると1995年~2006年の10年間で50回以上の洪水が起こり、2000人以上が亡くなっている。
バンコクポスト紙
BANGKOK POST紙 2006年11月12日付

bangkok post thailand flood
同上

そして2011年にはタイ全土を襲った大洪水が発生。アユタヤやパトゥムタニの工業団地が3メートルを越える水位となり、大きな被害を被った。バンコクから避難する人も相次ぎ、一時は飲料水や食品が品薄となり緊迫した状況が続いた。(参考記事/10月30日 バンコク都心部(BTS沿線)の様子

タイ洪水のコラム
自宅が浸水し、避難所に詰めかけた人へのインタビューを掲載している当時の情報誌(BK MAGAZINE NO413  2011年11月)

住居選び、という観点からみると同じエリア、同じソイ(道路)内でも微妙な高低差により、冠水の程度は大きく変わるので、可能であれば雨期の状況をチェックしておきたいところ。コンドミニアムならエントランスや駐車場が車道/歩道よりも高くなっているほうが安心出来る。通常であれば1~2時間程度で水は引いていくが、一応飲料水(ミネラルウォーター)の確保は常時しておいたほうがよいだろう。また溢れだしている水は非常に汚いので、足が浸かってしまった場合は、帰宅後よく洗うことをお薦めします。

スクムビット通りの洪水

水しぶきを上げるトラック

スカイトレインの階段を掃除するおばさん

関連情報
◎バンコク大家的“なにもしないタイの休日”
◎ 洪水収束後のバンコク不動産マーケットの行方は?
◎速報(2011)バンコクの地価、洪水後にもかかわらず大幅上昇
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ