Home » タイ初心者ガイド, ヘッドライン

タイで不動産投資をしてみたいですか?第6回アンケート 結果発表!タイで不動産投資をしてみたいですか?第6回アンケート 結果発表!

[2012年10月2日(火) 2,697 views]

本サイトのトップページで“タイでは200万円台で(コンドミニアム)分譲マンションが購入でき固定資産税がありません、タイで不動産投資をしてみたいですか?”というアンケートを2011年4月より行なっていますが、この度(2012年8月) 回答数が300件となりました。回答の結果と寄せられたコメントをご紹介したいと思います。

http://blog.with2.net/vote/?m=va&id=64872&bm=

数値的には「してみたい」 181件 「機会があればやってみたい」 76件と、85 %以上の方がタイでの不動産投資に積極的な興味があり、「関心はあるがよくわからない」「今の時点ではなし」が各26件, 17件という結果でした。
早速、第5回発表以降にいただいたコメントを紹介してみましょう。

BTSナショナルスタジアム MBK付近

■日本では不動産投資はしていますが、タイには年数か月程住むために購入したい。 (男性/50代/東京)

冬の寒さが厳しい北ヨーロッパ各国の人達はそういったスタイルで何年~数十年とタイでの生活をエンジョイしています。生活費が安いことも長期滞在に向いている要素のひとつかもしれませんね。

参考記事
予算別シミュレーション もしバンコクで暮すとしたら?【住居編】

■東京のワンルームマンション投資のように魅力的に感じます。 (男性/20代/東京)

タイでは以前は家族が1つの家に親、子、孫と揃って生活することが一般的でしたが、ライフスタイルの変化で都心の交通の便の良いコンドミニアムに暮らす若い世代が増えてきました。今後もこの動きは加速していくように思います。

参考記事
部屋がどんどん狭くなる? 昨今のタイのコンドミニアム事情

■taiwoswikatunokyotentositai (男性/50代/福岡)

そうですね、タイはまさに東南アジアのハブ的存在ですし、衣食住どの面をとっても大変に日本人に暮らしやすい環境が整っていると思います。在留邦人数も増え続けていますし、何よりタイの人が親日的なことも嬉しいですね。

参考記事
予算別シミュレーション もしバンコクで暮すとしたら?【生活編】

■日本の投資が腐っている。将来はタイにすみたい。 (男性/40代/東京)

日本から来られる方のお話しを聞きますと、年々日本国内での閉塞感が高まっているように感じます。タイにも自然災害や政治的な問題など色々とあるのですが、人々の表情が明るく感じるのは何故でしょうか。

参考記事
日本在住でもオーケー 少額資金でも可能なプレビルド投資とは?

■後少ししたら、タイに住みたい (男性/50代/愛知)

タイは日本人だけでなくあらゆる国の人々を惹きつける魅力がありますね。食材の豊富さ、生活費の安さ、世界遺産、ビーチリゾート、ゴルフ、タイマッサージ・・と「幕の内弁当」的なきらびやかさがあるからかもしれません。

参考記事
安い?高い? タイの生活費について

タイ マンション購入

■移住検討しかし日本にいるより生活コストが安ければ良いが不安でもある。現地で何か2-3日の仕事があればたすかるし。 (男性/50代/東京)

生活コストということでいえば、生活のスタイルにもよりますがタイではかなり安価に暮らすことができるように思います。長期的な滞在の前に週、月単位での生活をされるのもよろしいかもしれませんね。

参考記事
予算別シミュレーション もしバンコクで暮すとしたら?【総合編】

■コンド投資 (男性/60代/北海道)

タイではコンドミニアム(分譲マンション)は外国人も地元のタイ人と同等の条件で購入できますし、自己名義での登記が可能ですから安心感があると思います。プールやフィットネスなどの共有施設が充実しているのも魅力ですね。

参考記事
タイ不動産(コンドミニアム)購入に見る世界各国のお国柄

■タイが好きで、タイに好きな人に借りてもらいたい。現在、日本で賃貸経営中、タイの物件投資に関心あり。 (女性/50代/東京)

タイには多くの日本人が住んでいます。バンコクだけでも約4万人(外務省調べ)とのことですから、在住の日本人だけでも大きな賃貸需要がありそうですね。駐在員、ロングステイヤー、タイ好き(タイ語留学、ムエタイ修行など)など老若男女、様々な方がタイの暮らしをエンジョイされています。

参考記事
バンコク大家によるディープ分析~いかにしてタイのコンドミニアムの値段は上昇するのか?②

トゥクトゥク運転手

■バンコクに住んでみて「あり」だと思ったから。まだ5ヶ月の新参者ですけどね(笑) (女性/30代/【海外】)

そうですね、確かに「あり」という思いになること多いですね。それはタイで長期間暮らすことであったり、働くことであったり、投資の対象として考えていくことであったりと人により色々でしょうが、そう感じさせる「何かが」この国にはあるように思います。

参考記事
タイのコンドを選ぶ時の8つのポイント

■やすっ (男性/30代/岐阜)

タイでは物価が年々上昇しているのですが円高というファクターもありますし、私たち日本人には特に安価に感じられると思います。価格による制限(一部の国では外国人が不動産を購入する際、一定の価格以上の物件でないと許可されません)もありませんので、その意味でも手頃感がありますね。

参考記事
バンコク大家が行く~100万バーツ台で購入可能な新築コンドミニアムの館内拝見

カオサンロード

■55歳でリタイヤを視野に入れている。 (女性/40代/東京)

ロングステイの場としてのタイは非常に魅力的だと思います。穏やかでゆったりとした物腰の人が多いですし、女性の社会進出度も高いので外国人女性にも暮らしやすいはずです。タイ料理の数々は勿論、洒落た雰囲気のカフェも多いですしスイーツも美味しいですよ。

参考記事
バンコク大家が提案する“女性のためのタイ不動産選び”

■不動産投資に関心があります。が、何をどうすればいいか現段階では分かりません。とりあえず今は、宅建主任者の資格を目指しています。 (男性/20代/東京)

20代の若さで不動産投資に関心をお持ちなのは凄いですね。機会があればタイに来られて、不動産という観点だけでなく観光や食べ歩きなどを堪能されてみてはいかがでしょうか。「タイはいいな」というお気持ちになられてから、じっくりとタイの不動産について検討されてみてはいかがでしょう。

参考記事
初心者ガイド タイの格安物件の所有のメリットとは?

■すぐにでも物件をみたい (男性/30代/【海外】)

バンコクやパタヤでは街中での不動産広告が非常によく目につきますし、各社の新築物件のモデルルームも多数設置されています。土日も開いていますし、最近は英語の通じるスタッフも多くなってきていますから、タイに来られる機会がありましたら、お気軽に訪ねられてみてはいかがでしょう。

参考記事
タイの新築コンドミニアム モデルルーム見学のポイントは?

■超円安になる前に (男性/50代/東京)

外国人購入者にとっては為替の変動は、特に不動産のような大きな買物の場合には気になる要素ですね。タイでは物価の上昇が続いているのですが、特に日本人にとっては昨今の円高局面によって、購入に対する手頃感というものはあると思います。

参考記事
ミステリアス?なタイの新築コンドミニアムの販売価格

■バンコクが好きだから (男性/50代/【海外】)

大都会バンコク、確かに色々な魅力がありますね。昼と夜の顔、路地ひとつ隔てただけでも街の風景が随分と変わります。夕刻になって会社帰りの人々相手の屋台や露店が次々と店を開ける様子など、風情がありますね。

参考記事
楽しいことばかりではない? ちょっと気になるタイ事情あれこれ

■管理費が気になりはしますが、、、 (男性/40代/千葉)

タイのコンドミニアムの管理費(共益費・電気代・水道代)は日本と比べても割安ですし、自己保有の場合には固定資産税もかかりません。都市計画税の類の課税もありませんので、オーナーの負担感は少ないのではないでしょうか。

参考記事
なぜタイなのか その4

パタヤでくつろぐファラン

■パタヤ移住に興味あり (男性/60代/京都)

日本人の長期滞在者はまだそれほど多くないようですが、欧米、ロシアのステイヤーには非常に人気のあるエリアですね。リゾートでありながら物価も安いですし。今後ますます世界中の観光客、滞在者が集まってくることでしょう。

参考記事
エリア情報~パタヤ~

■Thai Love (男性/40代/福岡)

日本人にとっては手軽な海外旅行先のひとつ、といったイメージがあるかもしれませんが、“タイに行くこと&住むこと”が夢!という人々が世界中には実に多く居るように思います。距離的にも近いですし、タイの人は親日的ですから本当に暮らしやすい第二の故郷と感じている日本の方も少なくないのではないでしょうか。

参考記事
タイ人に好かれる秘訣、教えます!

アンケートの回答およびコメントを寄せていただいた皆さん、ご協力有難うございました。これ以降も続々とコメントを頂いていますので、今回ご紹介できなかった分については回を改めてご紹介したいと思います。「バンコク大家」では今後も、皆さまにとって有益なタイ不動産および生活情報の情報提供に努めてまいりますので、引き続きのご愛顧よろしくお願いいたします。

関連情報
◎タイ人のタイ不動産投資を知る
◎東南アジアの人口と不動産投資
◎震災の対応に感じるタイ人の優しさ
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ