Home » タイ初心者ガイド

タイで不動産投資をしてみたいですか?第4回アンケート 結果発表!タイで不動産投資をしてみたいですか?第4回アンケート 結果発表!

[2012年4月17日(火) 2,434 views]

本サイトのトップページで“タイでは200万円台で(コンドミニアム)分譲マンションが購入でき固定資産税がありません、タイで不動産投資をしてみたいですか?”というアンケートを2011年4月より行なっていますが、この度(2012年3月末) 回答数が200件となりました。回答の結果と寄せられたコメントをご紹介したいと思います。

http://blog.with2.net/vote/?m=va&id=64872&bm=

数値的には「してみたい」 117件 「機会があればやってみたい」55件と計86 %以上の方がタイでの不動産投資に積極的な興味があり、「関心はあるがよくわからない」「今の時点ではなし」が各13件, 15件という結果でした。
過去の結果よりも、タイ不動産について関心のある方の割合が更に増えていることがわかります。続いて第3回発表以降にいただいたコメントを紹介してみましょう。

BTSスカイトレイン パヤタイ駅

■今後の成長からの為替変動により、キャピタル・インカムゲイン共に魅力があるため。 (男性/30代/兵庫)

確かにキャピタル、インカム双方を見据えた投資が可能なのがタイ不動産の魅力ですね。築数年経過しても価格が下がらない、むしろ上昇するケースも多いようです。

参考記事                                            
バンコク大家によるディープ分析~いかにしてタイのコンドミニアムの値段は上昇するのか?

■タイで生活する準備をしたい (男性/50代/東京)

日本人だけでなく世界中の人々がタイで暮らしています。色々な理由があるかと思いますが、食生活の豊かさと厳しい寒さの無い気候が大きな要因ではないでしょうか。

参考記事
予算別シミュレーション もしバンコクで暮すとしたら?【総合編】

■日本で不動産投資をしているので興味もあるし海外でも手頃なものが有ればしてみたい (男性/50代/岡山)

最近は日本で不動産投資を既に経験されている方からのお問い合わせが増えています。日本の大家さん達のきめ細かい不動産運営は、海外不動産投資の際にも大いに役立つのではないでしょうか。

参考記事 
タイ不動産購入の流れ

■いろいろ検討してみたいと思っています。 (男性/40代/東京)

そうですね、まずは情報を集めて機会があれば是非現地を訪れて実際の物件をご覧になるとよろしいと思います。交通機関や買物の便など日常生活についてもチェックされることをお薦めします。

参考記事
タイのコンドミニアム購入者が語る「ここが決め手! 私のコンドミニアム購入記」

■ただし、住宅ローンが出来ないので投資としての魅力はかなり下がっちゃいますね・・。 (男性/40代/兵庫)

外国人は購入後のローンを組むことは出来ませんが、完成前の物件に投資するプレビルド手法もございますね。少額の資金で始められますし物件管理の手間も省けるという利点もあります。

参考記事                                             
日本在住でもオーケー 少額資金でも可能なプレビルド投資とは?

■天使の国だから (男性/50代/福岡)

天からの使いが地上に居るとしましたらまさに天国とも言えますですね。海外の多くの国の人がこの地を訪れるのも、天使がいっぱい居るからでしょうか。

参考記事
タイ人に好かれる秘訣、教えます!

■投資目的 (男性/40代/埼玉)

パタヤなどのリゾート地ではロシア、北欧からの投資が盛んです。バンコクの物件でも中国語の看板が目立つようになりました。居住用としての魅力が多い土地柄もあり、今後も投資ブームが続くのではないでしょうか。

参考記事 
バンコク大家によるディープ分析~いかにしてタイのコンドミニアムの値段は上昇するのか?②

■日本に希望が持てないから (女性/40代/愛知)

確かに暗いニュースが多く報道されますね。タイでも災害や事故、政治の問題など必ずしも良い話題ばかりではないのですが、人々の表情や街の雰囲気がより明るく元気に感じられるような気がします。

参考記事                                               
タイ人のタイ不動産投資を知る

寿司 ビュッフェ

■バンコクの町のパワーは結構な確率で上昇するでしょう! (男性/40代/東京)

今バンコクは物凄い勢いで新規のショッピングセンターの開業が相次いでいます。平日の昼過ぎのレストランやカフェもかなり席が埋まっています。消費パワーの上昇を感じますね。

参考記事                                             
IKEA  圧倒的なスケールでバンナー通りに11月3日 オープン!

■資産運用 (男性/30代/【海外】)

以前とは異なり海外での運用も含めて、様々なスタイルの資産管理を検討される日本の方が増えてきたようです。タイ不動産には様々な魅力がありますのでそのひとつとして検討されてみてはいかがでしょうか。

参考記事                                               
2012年のタイ不動産マーケットの動向は?より高まるコンドミニアム需要、バンナー&ベーリンは“ゴールデンゾーン”に!

■タイ、フィリピン、マレーシアで不動産投資したい (男性/40代/【海外】)

これら3国は距離的にも近いですし、日本からの移動も直行便がありますので便利ですね。LCCの登場で安価に行き来できるようになったのも魅力です。複数国の物件の大家さん、いいですね!

参考記事                                              
東南アジアの人口と不動産投資

■年金暮らしになったら海外でゆったりと暮らしたいと思っていました。 (女性/60代/埼玉)

タイを流れる時間はゆったりとしています。急ぐことなく追いたてられることなく、自分のペースで穏やかな毎日を過ごせるのが魅力です。まずは数週間程度の滞在から始められてみてはいかがでしょう。

参考記事 
バンコク大家が提案する“女性のためのタイ不動産選び”

小錦 トンロー

■今後景気良くなりそうだから!! (男性/40代/長野)

バンコクの街を歩く人の姿が以前と変わりましたね。皆小奇麗な格好をしていますし、街自体も大型の商業施設が続々と誕生しています。将来の姿が楽しみでもあり、また素朴な下町の風景といったものも残るといいなという想いもあったりします。

参考記事
速報 バンコクの地価、洪水後にもかかわらず大幅上昇

■大震災で親を亡くした子供たちへの義援金作り (男性/50代/宮城)

不動産の購入にあたっては皆さんそれぞれ色々な気持ちを込められていると思います。ご希望の条件に沿った物件が見つかることをお祈りしております。

参考記事
タイの新築コンドミニアム モデルルーム見学のポイントは?

パタヤ セントラル フェスティバル

■住みたい! (男性/60代/広島)

タイには外国人を惹きつける様々な魅力があると思います。ビーチや世界遺産、ゴルフ、スパ・・夕暮れ時になると一層数が増える露店や屋台でのちょっとした買い物や食事がまた楽しいんですよね。

参考記事                                              
なぜタイなのか その3は「タイが好きだから」です。

■将来、タイに住んでみたい。その時(老後)の生活資金の一部になれば (男性/50代/東京)

タイは近年物価上昇が著しいのですが、それでも基本的な生活費(食費や交通費、水道代など)はまだまだ日本と比して安価です。日本語による各種サービスが充実していることも暮らしやすさに通じると思います。

参考記事
安い?高い? タイの生活費について

■このまま日本では厳しい (男性/40代/兵庫)

日本はまだまだ“強い”国ではありますし今後もそうであって欲しいと思いますが、これからは国外に資産、拠点を持つという視点も必要かもしれませんね。タイはその選択肢のひとつになり得る要素を多く備えていると思います。

参考記事
祝!スカイトレイン オンヌット~ベーリン開通 沿線ミニガイド

■手頃な値段でできそうだから (女性/40代/大阪)

タイのコンドミニアムは日本円で数百万円の単位で充分選択肢がありますので、色々と比較検討されてから始められてみてはいかがでしょうか。実際の物件をご覧になることを是非お薦めします。

参考記事                                               
タイのコンドを選ぶ時の8つのポイント

■20年程毎年タイに旅行しており、いずれタイで商売したいなと思っています。タイ語はしゃべれません。老後の隠居地とも思っています。(男性/50代/東京)

もう充分“タイ通”でいらっしゃいますね。最近は日本から進出してこられる企業、個人の方が非常に増えています。タイの人は日本の商品や日本料理が大好きですので、何か良いビジネスが始められるとよろしいですね。

参考記事
タイでの医療/バンコクの病院について

アンケートの回答およびコメントを寄せていただいた皆さん、ご協力有難うございました。これ以降も続々とコメントを頂いていますので、今回ご紹介できなかった分については回を改めてご紹介したいと思います。「バンコク大家」では今後も、皆さまにとって有益なタイ不動産および生活情報の情報提供に努めてまいりますので、引き続きのご愛顧よろしくお願いいたします。

関連情報
◎「バンコク大家」エリアガイド
◎よくあるご質問
◎タイで不動産投資をしてみたいですか?第3回アンケート 結果発表!
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ