Home » コラム, 日本とタイのニュース配信

パタヤの第1外国語は英語ではなくロシア語? ロシア人にとっての“ハワイ” の魅力パタヤの第1外国語は英語ではなくロシア語? ロシア人にとっての“ハワイ” の魅力

[2012年6月10日(Sun) 7,634 views]

ロシア国旗とタイ国旗

“パタヤ”というと歓楽色が濃く、タイ人女性が男性外国人観光客のお酒の相手をするところ、というイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

確かに実際のパタヤはそういった歓楽的要素があることも事実なのですが「滞在」ということに視点をおくと、毎年11月から3月頃にかけて冬の寒さが厳しい北半球の国々の人々、特に近年はロシア人にとっての避寒地として人気があるリゾートなのです。

メインビーチ(セントラルパタヤ)から離れたナクルアやタ―プラヤ、プラトゥムナック、ジョムティエンの各エリアにはロシア、ノルウェー、ドイツ、デンマーク、オランダなど各国言語の看板が並び、彼らにとって居心地のいい生活空間が形成されています。

アイスクリーム屋

なかでも目立つのがロシア語表記。旅行代理店、ホテルはもちろんのことタイマッサージ店、不動産会社、アイスクリーム屋(彼らの好物)、スーパーのフードコートにいたるまでロシア文字が溢れています。ロシア料理レストランも目立つようになりましたし、ケーブルテレビのUBCにももちろんロシア語放送があります。バンコクで日本語環境が整っているのと同様に、パタヤではロシア語のみでも暮らせる環境が整っているといえます。

パタヤの旅行代理店" セントラル フェスティバルのロシア料理フードコート
ロシア語テレビ番組 ロシア語広告
ロシア語のフリーペーパー パタヤ不動産 ボルシチなどロシヤ料理レストラン
タイ 弥生軒3ヶ国語表記 フードコート パスタ

パタヤの不動産市場でもここ数年はロシアンパワーが隆盛です。あるディベロッパーの話によると外国人購入枠の50パーセント以上がロシア人であるというコンドミニアムもあるとのこと。充実したレンタルサービス(オーナーに代わってテナントの募集や管理業務を請け負うシステム)や物価の安さ、上昇を続けている不動産価格などの要因がロシア人購入者の購買欲を高めているのでしょう。

パタヤのロシア人向け不動産向けエージェント

パタヤにやってくるロシア人の特徴は家族連れやカップルが多いこと。小さい子供たちの姿もよく目にします。日本人にとってはグアムやサイパン、ハワイなどが“海外旅行初心者でも安心”的なイメージがありますが、ここパタヤはロシア人にとっての“ハワイ”といえるのかもしれません。

ロシア人でいっぱいのビーチ

タイの観光スポーツ省の調査によると、2011年度の訪タイ外国人数ではロシアは101.4万人で第4位。なんと前年より 57.4%の大幅増となっています。ちなみに日本は112.6万人で第3位となっていますが、前年比13.3%の伸び率に留まっていますので、本年中にはおそらく順位が逆転するでしょう。これからパタヤでロシア語文字を見る機会がもっと多くなりそうです。

関連情報
◎タイ不動産(コンドミニアム)購入に見る世界各国のお国柄
◎老後の人生はタイでスローライフ? 住みたい国ランキング
◎【タイ ロングステイ】バンコクの日本語フリーペーパーまとめ
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ