Home » タイ生活情報とロングステイ

楽しいことばかりではない? ちょっと気になるタイ事情あれこれ楽しいことばかりではない? ちょっと気になるタイ事情あれこれ

[2012年6月30日(Sat) 14,078 views]

タイは日本人だけでなく世界各国の人々にとって暮らしやすい国であるのですが、何から何まで最高!というわけにはいきません。今回はタイで生活していて気になってしまう部分、気をつけなくてはいけないポイントを5つ挙げてみたいと思います。勿論人によって感じ方は違うのですが、以下の5項目はおそらく多くの人が共通して感じる点ではないかと思います。

①まるでカーレース?タクシーの運転主さん

バンコクのタクシー
バンコクのタクシーは拾いやすくて料金も割安。バスは路線も多く慣れれば重宝、なのですが時々すさまじい運転をする車に当たってしまいます。車酔いをしない人でも思わず気持ちが悪くなってしまうこと確実です。何より事故を起こしそうで怖いです。確かに渋滞都市バンコクでの長時間運転はストレスの多い仕事だとは思うのですが。あまりに耐えられない時には迷わず降りて別の車を探しましょう。

②不揃いなサービスが勢揃い

ファーストフード
順番を待っているお客さんが大勢なのに、何故か開いているカウンターがひとつだけ。奥のほうで携帯を手に話し込んだりお菓子を食べているスタッフが見えるのに・・・いったい彼等は何をしているのか! と思わずイライラしてしまった経験はありませんか?均一で素早い対応が当たり前の日本と比べると一言注意したくなってしまう場面によく出くわします。マニュアルがいきわたっているはずのファーストフード系のショップで、全く同じ注文を数人分したのに容器のサイズ(S M L)がてんでバラバラに出てきた時はさすがに驚きました。 

③虫や小動物がいっぱい

熱帯の気候ですから当然といえば当然なのですが、蚊やハエ、アリなどの昆虫の類は実に多くの種類、数がいます。室内にも時に侵入してきますのでやっかいです。食べ残しをそのままにしておいたり汚れたままの皿や食器を台所のシンクに放置したりしていますとゴキ○○も登場したりします。それもかなり大型のものが。その他ヤモリ、イモリ、ネズミ、ヘビなども・・バンコクからアユタヤに行く路上では“ネズミ焼き”を売っていたりします。水田に住んでいるので汚くは無いそうです。

④どこまで続くか渋滞よ

ラチャダムリ 渋滞
随分以前からバンコクは渋滞の激しい都市として名前が挙げられていたように思いますが、現在もその酷さは解消されていません。朝夕だけでなく日中の時間帯も車が流れない幹線道路が多いように感じます。雨が降ってきたりしますと更に状況は最悪に。20~30分の距離を2時間以上かかることも珍しくありません。自家用車を持つ人は増える一方ですから、今後も抜本的な解決策を期待するのは難しそうです。

⑤犬 頼むから近寄らないで

犬
タイの路上や空き地には犬がいます。たまに見かけるのではなく頻繁に目にします。というより犬を見かけない日はありません。首輪をつけている犬も多いので全てが野良犬というわけでもなさそうですが、いずれにしても繋がれることもなく勝手気ままに暮らしているようです。(毎日エサをあげる人も多いのです)暑い日中はまだよいのですが夕方から朝方までの時間は、かなり活発に動き回っています。集団で睨まれたりしますとかなりの恐怖を感じます。タイでは毎年狂犬病の犠牲者が発生しています。少しでも噛まれたら医療機関に直行し、その後定期的にワクチン接種を受けなくてはいけません。もともと犬は寒さに強く暑さは苦手な動物のはずです。ですので「不機嫌な」犬も多く居るのでしょう。吠えられる時は吠えられますし、噛まれる時は噛まれます。毎日顔を合わせている(犬がこちらを侵入者として捉えていない)場合はともかく、ひたすら回避の迂回戦術しか方策を思いつきません。

今回は「これは参った」「ちょっと気になる」という点に触れてみました。タイの良い面だけを見るのではなく、日本と異なる生活事情、環境を意識することも、より良い(無理のない)海外生活を検討する際に必要な作業だと思います。
どうぞご参考になさってください。

関連情報
◎バンコク大家的“なにもしないタイの休日”
◎バンコク滞在 初心者のためのQアンドA
◎家で食べるのが1番? タイ料理“出前ライフ”のすすめ
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ