Home » コンドミニアム情報 その他, ヘッドライン

タイ不動産ディベロッパー勤務 10年選手のタイ人の本音~来年、異業種に転職します~タイ不動産ディベロッパー勤務 10年選手のタイ人の本音~来年、異業種に転職します~

[2019年5月7日(Tue) 423 views]

バンコク市内の大手デべのオフィスにて・・・

―やあ、久しぶり!驚いたよ。転職したの?
2~3年お会いしてませんね、本当にご無沙汰です。その時在籍していた社を退職してエージェント的なことをしていたんですが、今はこの会社にお世話になってます。1年半ぐらいでしょうか。

―なんか、すっかり貫禄ついたねえ
そんなことないですよ!

―でも元気そうで何より。このプロジェクトは外国人にも人気があるようだから、毎日忙しいでしょう?
ええ、セールスかなり好調です。ほら(と、隣のテーブルを指す)、中国のお客さんですけど、朝9時一番でやってきて熱心に質問攻め、納得して頂いたみたいで予約完了です。もちろん、説明しているのは当社の中国人スタッフですよ。タイ語も数年間勉強しているから、タイ人スタッフとのコミュニケーションも良好です。

―そうね、最近はどの会社のセールスオフィスに行っても中国人スタッフが居るよね。
シンガポール、香港、台湾を加えて最大の外国人顧客ですから。このプロジェクトも多くのユニットを買ってもらっています。(と、中国語のパンフレットを示す)

中国を思わせるイメージ

―日本人のお客さんは?
えー、実はあまりというか数でいえば比較にならないほど少ないですね。

―そう?かなり広告というか色々なチャンネルで宣伝しているように見えるけど。
多分ですけどね。今はもうタイ(バンコク)のコンドミニアムは日本の方には高すぎるんじゃないでしょうか。こんなこと言ったら失礼かもしれないけど。当社の(この)プロジェクトは平米単価で15~20万バーツほどです。中国人の方なら割と即決なんですね。でも日本の方は・・・

―そうだね、日本人は慎重に色々な角度から検討するということもあるかもね。
僕たちはやっぱり上からノルマ課せられてますから・・・

コミッション構造のイメージ

―うんうん、分かりますよ。あなたも以前居た会社では苦しんでいたもんね。
ええ、仕事自体がそもそも定時で終わらないし、残業後もそのまま家に帰れないんですよ。気持ちがささくれてしまって。だから外食したりどっかで飲んじゃう。

―あ~、だから流行りのレストランとかパブに詳しかったのね。
今はそんなことないですよ。自分なりに業界で経験積みましたから。でも来年あたり、不動産の世界からはいったんお別れしようかなと考えてるんです。

―えっ、そうなの。あなたは英語もビジネスレベルだしアクションも早いから勿体ないような気もするけど。
有難うございます。でも、というかだからこそ今がチャンスかなとも思うんです。良いオファーも頂いてるんで・・・

―そうですか、皆さんいろいろな事情があるだろうし、あなたならきっと異業種でも成功しますよ。ところで今のタイ不動産事情、これからの予測など聞かせてもらえます?外国人にとってタイの業界人の意見って貴重だと思うんですよ。あなたは経験豊富だし、ぜひアドバイスをしてあげてください。
そうですね、10年くらい前はバンコク郊外のコンドミニアムなら平米単価で10万バーツ以下で買えたんですね。この頃は日本の方も買い易かったんじゃないでしょうか。でもその後、特に新築のプロジェクトは値上がりがずっと続いていますからね。今だと中心部の新築物件は平米単価で30万バーツ(≒100万円以上)ですから。

―うん、確かにそこまでくると日本のマンションに比べての割安感というのはほぼ無いかもしれないね。でもタイの側からすれば別に日本人でなくとも良いわけでしょう?買ってくれるのであれば。それこそもっともっと中国でのプロモーションに力を入れればいいのでは?
ええ、少し前まではそうだったんです。ところが頼りの中国でも売れ行きが鈍ってるんですよ。別のデベに友人が居て「今度、中国で即売会、イベントをやるから手伝ってくれ」と頼まれまして。バックサイドで助けてあげたんですよ。もちろん僕は現地には行きませんでしたが、凄く予約が入るだろうと期待していたんです。ところが何と0、一件も予約が入らなかったんですよ! 地元のエージェントもバックアップしていたのに。

不動産運用の契約内容

―えっ、0というのは確かにまずいよね。ちなみにどんなプロジェクトだったの?
〇〇です。

―あら、それってプロンポン~トンローエリアでロケーション良いところじゃない。日本人の知名度も高いんじゃないかな。非常に規模の大きい物件だよね。
ええ、日本人エキスパットの方にとってポピュラーな場所ですよね。それでもダメだったんです。もっとも他の同ロケーション、同程度の価格帯のコンドミニアムもセールス低調なんですけどね。

―そうすると中国勢の投資家も何でもかんでも予約、というわけではないんだね。
ええ、平米30万バーツというのはやはりダメですね。10万バーツ台までですよ、実際のアクションに繋がるのは。

―ただどうかな、手頃な価格だからOKというわけでもないでしょう。はっきり言ってバンコク市内全域で供給過多なわけで。
そうなんですよ!地下鉄沿線の物件も苦戦してます。動きは非常にスローです。

―それはタイ人バイヤーも慎重になっているということ?
はい、あの、今の政治的な状況もありますし・・・

イベントでのうさぎの着ぐるみ

―あと、「戸建てへの回帰」という側面もない?
ええ、まさに。コンドミニアムの低調ぶりとは真逆で戸建てやタウンハウスのセールスは好調なところ多いですよ。もっとも、こちらになると外国人の方には関係ない世界ですけれど。

―そうだよね、住宅を買えるタイ人はもう車持ってますからね。戸建てのほうがむしろ都合が良いよね、コンドミニアムが安いうちはまだよかったけれど、今のように25平米や30平米の小さなユニットが400万バーツとか500万バーツだったら、どう考えても一軒家買ったほうがいいよね。
はい、ですからこれからはごく限られたプロジェクトが生き残るでしょうね、コンドミニアムでは。それですら相手が外国人であれタイ人であれ簡単に売れるというわけではない。厳しい時代に突入です。

―日本の投資家、購入者になにかアドバイスというかお勧めなポイントあります?
以前、スワンナプーム空港からバンナー通りを貫通してスカイトレインのバンナーかウドムスック駅に新線の計画がありましたよね。今は他の路線の工事が先行してますが、5年先、10年先には計画が具体化、完成していくでしょう。この沿線沿いは良いと思いますよ。

バンナー通りのコンドミニアム建設計画図

―そうだね、それは私も以前からそう思ってました。バンナー交差点にはバンコクモールというメガ施設が出来るし、エカマイからバスターミナルが移転すればタイ人外国人双方に非常にアピールするよね。
はい、メガバンナってありますよね。その近くにまたまた大きなプロジェクト~オールインワンタイプ(住居、商業施設、医療施設、教育機関などが揃う)が予定されてますから。郊外エリアなので緑も多くて最新の各種テクノロジーも導入されるようです。

―各デベも後を追いそうだね。
ええ、また競争、競争ですね(苦笑)

―今日は偶然再会して、引き留めちゃってご免ね。新天地での活躍を期待していますよ。また機会があれば食事でもしましょうよ。えーと、どこの店がいいかな・・・
それは、僕にお任せください。バンコクのトレンド、キッチリ押さえてありますから。

―はいはい、仰せの通りにいたします。今日は有難うね!

*文中の写真はイメージです。

◆この記事について問い合わせる

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。



関連記事
◎ バンコクのコンドミニアムは45000室が売れ残り! 駐在員の数も月々の家賃も横ばい状態が続く
◎ 新線イエローラインがやってくる~シーナカリン通り沿いの緑あふれる築浅コンドミニアム
◎ タイ不動産投資、コンドの区分所有以外に何がある~「アパート一棟」「更地」「戸建て」は、どうだ?