Home » ヘッドライン, 日本とタイのニュース配信

徹底現場主義宣言! バンコク&パタヤの不動産見学~購入サポート~アフターフォロー 受付開始徹底現場主義宣言! バンコク&パタヤの不動産見学~購入サポート~アフターフォロー 受付開始

[2016年9月20日(Tue) 1,133 views]

バンコク大家のサイトがスタートしてから足掛け6年になろうとしています。特に広告展開などを行なうこともなく、誠に地味な存在なのですが、皆様のご愛顧に支えられて、日本でのセミナー開催や書籍の出版なども行うことが出来ました。改めて御礼申し上げます。

バンコク大家6年の歴史

この間、タイ不動産についてのお問合せ~特に物件の見学や購入についてのリクエストを随分と頂戴してきました。もともと情報提供を第一義としておりましたので、そういったご要望になかなかお応えすることが難しかったのですが、この度バンコク大家のサイトの執筆メンバーでもありますウボン猪坂氏が代表を務める、ウボン・クエスト社(Ubon Quest Co., Ltd.)にて、広くタイ不動産の物件見学~購入サポートをお受けすることが可能となりました。

同社の特徴を幾つか挙げてみます。

  1. 在タイ10年以上にわたる継続したタイ不動産マーケットの把握

  2. バンコクおよびパタヤの不動産マーケットは近年、大きな変貌を遂げました。そして現在も日々、その姿を変えつつあります。一例を挙げればバンコク市内のオンヌットやプラカノン地区、今でこそタイ人外国人問わず、人気の居住エリアとなっているのですが、5年前、10年前の不動産状況を知っている人はそれほど多くはありません。市内中心部のみならず郊外エリアの変遷も追い続けてきた同社には、多くのアーカイブが蓄積されています。これらのその時その時の活きた記録は、将来の不動産マーケット予測の大きな力、礎となることでしょう。

  3. 現場主義~購入者目線による物件紹介

  4. 代表のウボンさんは、自らが運転する車とバイクで、バンコク都心部の無数に拡がるソイ(路地)の詳細を熟知しています。ソイが一つ違うだけで、またソイの入り口とソイ奥では全く違う住環境となるのですが、在タイ年数が浅い方や1、2回の「視察」に来られただけではその辺りの把握は難しいでしょう。高級住宅街と言われているエリアでも雨季の水はけが悪かったり、深夜まで営業している飲食店の騒音が問題になる場合があります。大まかなロケーション評価に留まらず、ベストな物件、ベストなユニットの選択まで目配りが利きます。

  5. 新築だけでなく中古物件情報に精通

  6. 新築(未完成)プロジェクトと違い、個々のオーナーが異なる中古物件(部屋)の内覧や購入手続きは外国人にとってはハードルが高く感じます。タイ人大家との密なネットワークにより、良質な中古物件のチョイスをお手伝いします。

  7. 購入後のアフターフォローもカバー

  8. 意外と盲点になるのが、物件購入後の管理体制について。家具や電化製品の追加購入ひとつにしても、日本在住の方ですと手間がかかるものです。保有期間が長期になりますと、部屋のリノベーション等も視野に入れる必要が出てくるかもしれません。長年の生活経験による実際的なアドバイスを差し上げます。

ウボンクエスト
サイトのアドレス
http://www.bangkokcondolife.com/

タイ不動産購入に関心がある方はどうぞ上記のサイトをご覧になってみてください。ただいまオープン記念として、物件見学同行費用が無料とのこと。間もなく、雨季が明け、年末年始のタイは気温も涼しく、物件見学には最適のシーズンです。投資に、自己居住に最適の物件選択の一助として、ウボン・クエスト社をご活用されてみてはいかがでしょうか。           

なお、バンコク大家では今後も不動産関連のみならず、生活情報一般についての記事も、従前と変わらずお届けしてまいりますので、どうぞ引き続きのご愛読をお願いしたします。

バンコク都心部の風景

関連情報
◎日本とタイのニュース配信のカテゴリー記事一覧
◎コラムのカテゴリー記事一覧
◎タイ生活情報とロングステイのカテゴリー記事一覧
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ