Home » コンドミニアム情報 オンヌット~ウドムスック, ヘッドライン

天井高が3.4メートル!タイ人購入者に人気のTHE LINEコンドミニアム、プンナウィティ駅近くに最新プロジェクト登場天井高が3.4メートル!タイ人購入者に人気のTHE LINEコンドミニアム、プンナウィティ駅近くに最新プロジェクト登場

[2016年11月22日(Tue) 1,260 views]

大手サンシリ社とBTSグループのジョイントベンチャーによるTHE LINE名称のコンドミニアムはタイ人購入者からの支持が高く、発売開始から早期の完売が「当たり前」の人気プロジェクト。今回は同ブランドの最新物件、THE LINE SUKHUMVIT 101をじっくりと見ていくことにしましょう。

BTS社とサンシリ社のジョイントベンチャー

バンコクの電車内のコンドミニアムの大型広告

BTS構内の宣伝ボード

最寄駅はスカイトレインのプンナウィティ駅(参考記事/“オンヌットの先”でも遂に平米単価で15万バーツを突破、続々登場の新規コンドミニアム)。37階建てで全778室、オリンピックサイズのプール、フィットネスに加えて多目的スポーツコート(バスケット、テニス等)が共有設備の目玉になっているようです。

バスケットなどの多目的運動場

コ ワーキングスペースがあるフロアプラン

建物外観のCG

ユニットサイズは30㎡前後の1ベッドルーム、50㎡弱の2ベッドルーム、デュープレックスタイプ(約40㎡~63㎡)。

パステルカラーの部屋

キッチン ドラム式洗濯機が中にある

段差がある寝室 床の上のマットレスで日本風 モダンな感じのシャワーとトイレ

上記は1ベッドルームのモデルルームですが、モダンにかつ可愛らしく仕上がっています。特筆すべきは天井高で、340センチ。ごく一部のハイエンド物件を除くと通常は240~260センチ程度ですので、何といっても目を惹きます(下記画像参照)

高い天井高


天井の高い部屋ですと小面積でも“狭さ感”がかなり緩和されますので、これは嬉しいポイントです。下記画像はデュープレックスタイプのものですが、こちらは天井高が5.5メートルとなっています。

高い天井

ダイニング 革 レザーを使った内装

寝室とエレキギター

上階から下を見下した様子。大きなダイニングテーブル

販売価格のほうは平米単価で15万バーツ前後~、上層階では20万バーツ超となっており、「オンヌット以遠でも平米単価が15万バーツの世界」になったことを改めて実感します。なお画像内にある家具や小物、電気製品・カーテン類はあくまで“モデルルーム仕様”の付属品で販売価格には含まれていません。(家具付きのパッケージプランもあるとのこと) モデルルームと同じようなイメージにするためには、1ベッドルームサイズで50万バーツ前後の追加経費はみておく必要があるでしょう。

ミュージアムのような外観のセールスオフィス

ミュージアムのような外観のセールスオフィス

販売価格355万バーツより

建設予定地 

建設予定地 

サンシリ社のなかでは知名度のあるTHE BASEシリーズより上位の位置付けで、地元のアッパーミドル層に人気のTHE LINE~ですが、本物件も時間を置かずにソルドアウトとなることでしょう(完成予定はおよそ3年後)。購入にご興味のある方は是非、下記問い合わせフォームからお尋ねください。

*文中の数字・仕様等は2016年11月中旬のもので、変更になる可能性があります。

__________________________________________________________

◆記事内に書かれているプロジェクトについて問い合わせる

◆この記事について問い合わせる

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。

__________________________________________________________

関連情報
◎2016年度最新版!暮らしているから伝えられる~スカイトレイン延伸ライン 各駅別の生活事情採点表 PART 1 バンチャック・プンナウィティ
◎投資に良し、住んで良し~プロジェクトの中核 The Base Park West&The Base Park East~T77物語 第2回
◎ 日本在住の購入者の知らない世界?新築コンドミニアム発表会&エージェント向けのパーティー風景点描
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ