Home » コラム, ヘッドライン

バンコク大家によるディープ分析~いかにしてタイのコンドミニアムの値段は上昇するのか?②バンコク大家によるディープ分析~いかにしてタイのコンドミニアムの値段は上昇するのか?②

[2012年2月25日(Sat) 5,488 views]

コンドミニアムの価格推移を実際のプライスリストをもとに、時系列で紹介するバンコク大家ならではの特集の2回目、今回取り上げるのはスカイトレイン延長線のプンナウィティ駅近くの新築物件 Whizdom@PUNNNAWITHI STATION(ウィズダム アット プンナウィティ ステーション)です。

ウィズダム コンドミニアム
建物外観

低層8階建て(2棟)でユニットタイプは34・48・60 ㎡の3タイプ。電化製品以外の家具類はフル装備となっていて、タイ人の若い世代の単身者やカップルに好まれそうなライトな質感の内装になっています。完成予定は2012年の7月で2011年末には7割程度の予約率となっていました。プンナウィティ駅からは徒歩10分弱、駅周辺には以前本サイトでも紹介したショッピングモール(参考記事/【ギャラリー】ピヤロム プレース)があるので、外国人ロングステイヤーにも暮らしやすい立地です。

1ベッドルーム 間取り 工事中
室内の間取り 工事中の館内

では早速、販売価格の推移を見てみましょう。

2010年5月

プライスリスト1

2010年8月

バンコク不動産購入 価格表

2010年10月

オンヌット以東のコンド価格

2011年 12月

タイ不動産投資事例

売り出し初期と現在の価格を単純に比べると34㎡のタイプで約60万バーツ、 60㎡のユニットでは約80万バーツの価格差となっています。同じタイプの部屋でも階数や部屋の向き(方角)の違いもあるので、厳密な比較ではありませんが短期間でかなりの上昇率を記録していることが伺えます。昨年の洪水被害の及ばなかったスカイトレイン延伸ライン沿いのプロジェクト、今後も要注目の存在となりそうです。

関連情報
◎バンコク大家によるディープ分析~いかにしてタイのコンドミニアムの値段は上昇するのか?
◎速報 バンコクの地価、洪水後にもかかわらず大幅上昇
◎タイ不動産(コンドミニアム)購入に見る世界各国のお国柄
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ