Home » コンドミニアム情報 スクムビットメイン/シーロム、サトーン, ヘッドライン

“家具付きなんて当たり前、センスが良くなければ借りません” タイのコンドミニアム 賃貸ユニットのNEW STANDARD“家具付きなんて当たり前、センスが良くなければ借りません” タイのコンドミニアム 賃貸ユニットのNEW STANDARD

[2018年2月6日(Tue) 598 views]

ここ何回かの過去記事で「近年タイのコンドミニアムは多数の新規ユニットが供給され、その結果、購入者の選択肢が非常に拡がっている」という現状をご紹介してきました。この状況は賃貸マーケットについても同様です。「室内に家具や電化製品が付いているのは当然で、部屋全体のコーディネートのセンスが入居者から問われる時代が到来している」と表現したらよいでしょうか。一言でいえば「スタイリッシュな部屋でなければ借りないよ」ということです。

今回は実際の室内画像を見ながら、タイの賃貸コンドミニアムの“新スタンダード”を検証していくことにしましょう。

約34㎡の1ベッドルーム。広い印象を感じる部屋

こちらの画像は、約34㎡の1ベッドルーム。玄関ドアを開けた途端に「部屋が広く感じる」と好印象を持つ方が多いはずです。テーブルの上には食器セットも置かれていますので、高級サービスアパートメントのようにも感じられます。反対側~部屋の奥のベッドルームから、玄関サイドを見てみましょうか。

家具の種類と配置をうまく調整して、せせこましなのない部屋にしている

やはり“せせこましさ”がありませんよね。近年は郊外エリアのみならず、バンコク市内中心部でも20㎡台のスタジオルームタイプが増えてきていますが、こういった単身者用のユニットでは、数平米の違いが部屋の印象や実際の住み心地に、決定的に影響してきます。

収納スペースの充実したリビングのソファからのアングル。ちょっとしたミニシアター気分を味わえる

こちらはリビングのソファから見たアングル。収納スペースが非常に充実しています。書籍やDVD、CDの所有数が多い方でも問題がありません。TVモニターとソファの距離も充分取られていますので、ちょっとしたミニシアター気分に浸れますね。右手奥がキッチン、左サイドが浴室&トイレとなっています。

冷蔵庫と電子レンジも完備

冷蔵庫の容量は充分、単身ステイでは特に大活躍の電子レンジも勿論完備。注目はレンジの設置位置。タイのコンドミニアムでは時々、とてつもない高さ(手を伸ばさないと届かない)に置かれていたりして、加熱後の取り出しが危険だったりします。また台所も収納に余裕がありますね。ベランダに面していますので、調理の際の匂いがこもるということもありません。また洗濯機(ドラム式)がベランダに設置されています。

ベランダに設置されたドラム式の洗濯機
シャワーはレインシャワー機能つき

こちらは浴室、レインシャワー機能付きのシャワーブースも充分な広さを確保しています。細かい点ですが、トイレットペーパーのフックも適切な位置に取り付けられています。 洗面台の鏡もサイズが大きいですね。

クイーンサイズのベッド
机と椅子も用意され、作業もはかどりそう

最後に寝室ですが、寝具一式がセッティングされたクイーンサイズのベッドです。ベッドサイドのライトが可愛いですね。PC作業などに適した机&椅子も備え付けられています。眺望が開けていて(10階)、気持ちの良い朝を迎えられそうです。

統一された色彩の室内

ソファやテーブルセット、フローリング調の床、カーテン布地の色、照明、クッション、ランチョンマットに至るまで、統一されたトーンで、室内がすっきりとまとまっていることにお気づきでしょうか?ひとつひとつのアイテムを「ただ品数を揃えるため」に配置しただけではこうはいきません。単なる“室内備品付き”が、賃貸時のセールスポイントであり得た時代は終焉しました。家賃帯の高低に関わらず、細部に至るまでの部屋造りのセンスが、真に問われる新時代がやってきたのです。

プラカノン駅最寄りのTHE LINE SUKHUMVIT 71という築1年のコンドミニアム

今回の画像は、スカイトレインのプラカノン駅最寄りのTHE LINE SUKHUMVIT 71という築1年のコンドミニアム、タイ人購入者に人気の大手サンシリ社の物件です。プラカノンはスカイトレイン沿線駅のなかでも、ここ数年で劇的に変化を遂げたエリアで、駅前にはショッピングモールやオープンエアのフードコートがオープン。以前はほとんど無かった日本料理屋さんも現在では10軒以上、昔ながらのマーケット~市場も健在で、味自慢の食堂や屋台が軒を並べるソイで、ローカルなタイ料理も堪能できます。  

近くにはオープンエアーのフードコードもある

ちなみにこちらのお部屋の家賃は2万5000バーツ(一年契約)とのこと。内覧希望など、ご興味がある方はどうぞお気軽に下記のフォームからお問合せください。  

◆この記事について問い合わせる

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。



関連記事
◎さらば下町? 変わりゆくプラカノン
◎スカイトレイン駅から徒歩圏の一戸建て/1億円~とメゾネットタイプの新築コンド/2500万円~ プラカノン再訪
◎10年は一昔~下町からいよいよ都心へ仲間入り、プラカノンの駅近大型コンドミニアム2件
◎悩み始めるとキリがないコンドミニアムの家具選び~小粋な家具で隣の部屋に差をつけよう

---------------------------------------------------------------------------------------------------
HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ