Home » コンドミニアム情報 パタヤ, ヘッドライン

パタヤ進出の大手ルンピニ社プロジェクト 100万バーツ未満で購入可能なLUMPINI VILLE NAKLUA-WONGAMATパタヤ進出の大手ルンピニ社プロジェクト 100万バーツ未満で購入可能なLUMPINI VILLE NAKLUA-WONGAMAT

[2013年2月12日(Tue) 4,384 views]

本サイトの以前の記事 大手ディベロッパーがパタヤに続々と進出! 相次ぐ新築コンドミニアムの建設 でも触れているが、近年バンコクで多くのコンドミニアム建築の実績がある大手ディベロッパーが、パタヤで新規物件を手掛け始めている。今回は、低価格帯の物件では圧倒的な知名度を誇るルンピニ社のパタヤでの第3プロジェクト、 LUMPINI VILLE NAKLUA-WONGAMAT(ルンピニ ナクルア ウォンアマット) を取り上げてみましょう。

外観

95万バーツ 建設中

立地はナクルア通りのソイ16/1~16/2。北パタヤ通り、パタヤセカンドロード、ナクルア通りの交差する“ドルフィンサークル”から、ソンテウで数分というロケーション。周囲には観光客向けのレストランやパブなども多く、なかなか賑やかな一帯だ。

ナクルア通り

20階建て、28階建て、30階建ての3棟構成で、部屋数はそれぞれ532、790、846、計2168室という超大型物件となっている。

ルンピニコンドミニアムの模型

ユニットの大きさは20~30㎡の小ユニットが主体で、1フロアあたりの部屋数は30室以上にのぼる。(プールやフィットネス施設は各棟毎に設置)

モデルルーム キッチン
ダイニング ベッド
スケルトン 家具なし
シンク トイレ

室内の家具や備品等は付帯していないが、以下の画像にあるように、22.5㎡のユニットであれば95万バーツ~(300万円未満)での購入が可能、パタヤでありがちなタイ人価格と外国人価格の区別も無い。ただ、表中の支払い例は完成までの支払いがごく低く設定されているが、セールスオフィスのスタッフによると「外国人の場合は完成までの支払いは50%が必要。何かしら要望がある場合には相談してください」とのこと。(パタヤではこういった対応をされることが多い)

100万バーツ コンド価格表

なお、同じく大手のサンシリ社は今月中旬に The BASE CENTRAL PATTAYA(ザ ベース セントラル パタヤ) をアナウンス予定。セカンドロードのソイ14近くに28階建てと31階建て、ユニット数が1100を超えるメガ・プロジェクトの誕生となる(完成予定 2016年)予想売り出し価格は㎡単価で7万バーツ前後からのスタートとなる模様。セカンドロードから直接出入りが可能で、セントラルデパートやThe Avenue といったショッピング施設も至近の、非常に良好なロケーションであり、大きな反響を呼ぶだろう。

*文中の数字や仕様は変更されることがあります。

関連情報
◎バンコク VS パタヤ 同じタイでもこんなに違う新築コンドミニアムの支払いスキーム
◎タイのコンドを選ぶ時の8つのポイント
◎パタヤの第1外国語は英語ではなくロシア語? ロシア人にとっての“ハワイ” の魅力
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ