Home » ヘッドライン, 日本とタイのニュース配信

海外でのセールス強化を図るタイのコンドミニアム 香港&シンガポール編海外でのセールス強化を図るタイのコンドミニアム 香港&シンガポール編

[2015年8月4日(Tue) 1,593 views]

近年、タイのディベロッパー各社が海外での販売に力を入れている。価格の手軽さに加えて、不動産取得の際の手続きの簡便さや諸経費の負担額が低いことなどが、セールスポイントになっているようだ。今回は香港とシンガポールでの販売の模様を見てみることにしましょう。

香港 コーズウェイベイ

ヴィクトリア公園

香港の新聞 狭い部屋

不動産価格の高さで知られる香港だが、巨大な鉛筆を立てて並べたような街並みが印象的。下記の画像は中国字紙の広告面だが、紹介されているコンドミニアムは本サイトの過去記事 駅から遠く離れても その2~スカイトレインのナナ駅、チョンノンシー駅から歩いて行けない新築2プロジェクト で取り上げたINTERLUX RESIDENCE

ナナ インターラックスの販売イベント

ナナ コンドミニアム 販売 香港 エクセシオール ボールルーム

続いて代表的な英字新聞 SOUTH CHINA MORNING POSTに全面広告をうっていたのが大手サンシリ社のTHE LINE JATUJAK MOCHIT、バンコク市内でもスカイトレイン各駅でよく目にした物件だ。5月下旬に香港市内のホテルで販売会を開催していた。

サウス チャイナモーニングポスト

スカイトレインでのコンドミニアム広告

ちなみに同ブランドの最新プロジェクトTHE LINE SUKHUMVIT 71は今週末(8月8日~9日)にバンコク市内でプリセールが始まる。

サンシリ 400万バーツ プラカノン タイのコンドミニアムの新聞広告

この両物件はサンシリ社とBTS HOLDING GROUPのジョイントベンチャーによるものだが、下記の画像は6月19日付のBANGKOK POST紙のもので、最近多くなっているJV形式の代表例や他業種への展開例が挙げられている。

バンコクポスト デベロッパー経営戦略

不動産価格の高さではこちらも負けていないシンガポール、新聞(THE SUNDAY TIMES)紙上にはこれでもかのエージェント広告が。

エージェント広告 クラシファイド シンガポールのコンドミニアム広告

下記の画像は7月中旬にシンガポール市内のホテルで開催されたタイ不動産フェアーの模様。数プロジェクトの出展で規模は大きくないものの、講演(タイ不動産の特徴・購入のポイントなど)も行われていた。

スマートリビング シンガポール

会場入り口 商談中
講演中 不動産イベント全体の様子

個別の相談会では1時間、2時間と質問を重ねる来場者も多く、スタッフが対応に追われていた。主催社によると「タイ不動産への関心はアジア各国でとても強いものがある。引き続きそれぞれの国の購入者の購買予算、目的に合わせた販売戦略を推進していきたい」とのこと。タイ不動産の海外販売の流れは今後も加速していきそうだ。

関連情報
◎サイアムパラゴンでAP(ASIAN PROPERTY)社のコンドミニアム発表会開催、200万バーツ以下の新プロジェクトを続々アナウンス
◎タイで不動産投資をしてみたいですか?第13回アンケート 結果発表!
◎第32回House & Condo Show(3月12~15日開催)の模様と、どうなる?固定資産税導入
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ