Home » コンドミニアム情報 その他, ヘッドライン

タイの築古コンドミニアム探訪~FILE③ ご近所にデパート、飲食店も多数の2ベッドルーム 125㎡が平米単価4万バーツ台からタイの築古コンドミニアム探訪~FILE③ ご近所にデパート、飲食店も多数の2ベッドルーム 125㎡が平米単価4万バーツ台から

[2018年2月20日(Tue) 851 views]

中古コンドミニアム探訪の旅、3回目は日常の買い物や外食が極めて便利なロケーションの「広々」コンドミニアムをご紹介しましょう。「30㎡?とんでもない、60㎡?まだ狭すぎる。日本で暮らしている部屋よりも広くなきゃ・・最低でも100㎡以上は欲しい~しかもリーズナブルな値段でね!」という希望をお持ちの方は必見です。

100㎡以上のリーズナブルなコンドミニアムの外観

◇ロケーション
徒歩至近距離に大型ショッピングモール&スーパー 買い物や飲食に最高の立地

将来のバンコク新都心の候補として名前が挙がることも多いバンナー地区。メガ展示場のバイテックがあるバンナー交差点からは3キロほど。改装なったこれまた大型デパートのセントラルバンナー(参考記事/スカイトレイン延伸ライン スポット紹介⑥ セントラルデパート バンナー店)から徒歩すぐの位置。またこの物件の建つソイ(路地)には日本料理店、ステーキハウス、オープンエアーのバーなど多数の飲食店が揃っており、夕刻以降は大変な賑わいとなります。

バンナー地区にあるオープンバー

個人的に気に入っているのがSMALL TALK というカフェ。一つ隣のソイにある店ですが、店内が吹き抜けで開放感があり、テラス席の雰囲気もGOOD。メニューもタイ料理以外の軽食メニューが充実していいます。

バンナー地区にあるSMALL TALKというカフェ
SMALL TALK店内風景
おいしいコーヒーと軽食が楽しめる

◇物件概要 
31階建て1棟  プール フィットネス  2001年築

今回紹介しているユニットは125㎡ですが、その半分程度の面積で2ベッドルームの間取りが当たり前となっている新築物件と比べて、室内は実にゆったりとしています。

125㎡ある室内
広々としたベドルーム
ゆとりのあるキッチンスペース
玄関を開けても、部屋全体が見渡せるようなことはない

「玄関ドアを開けたら、部屋の全てが見えてしまう」というタイのコンドミニアムにありがちな問題は勿論、心配無用です。

気持ちの良い日差しのあるプール
健康維持のためにフィットネスにも通いたい

◇アクセス
スカイトレイン各駅からは徒歩圏ではなく、タクシー利用の際はウドムスック駅かバンナー駅が最寄りとなります。コンドミニアムのある路地にもタクシーの行き来は多いのですが、セントラルバンナーにはタクシースタンドがあるので、確実に乗車することが出来ます。

◇コメント
居住の際には車保有かタクシー利用が現実的。バンナー交差点には将来、大規模なショッピングモール(BANGKOK MALL)の建設予定があり、現在エカマイ駅にあるパタヤ、シーラチャ方面へのバスターミナルも移転計画があります。スワンナプーム空港にも近いエリアで、渋滞が無ければ所用時間は車で30分以内。周辺にはデパートや大型スーパー、飲食店が揃っていますので「スクムビット命!」ということでなければ、日常の生活には全く不自由は感じないでしょう。今後更なる発展が期待できるエリアでもあるので、その意味でも楽しみかもしれませんね。

*文中の数字や仕様は変更になる場合があります。

◆この記事について問い合わせる

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。



関連記事
◎大人のロングステイ~落ち着きと静寂の高級住宅街、アーリーの中古コンドでゆったりと暮らす
◎中古には中古の魅力が~タイの中古物件の魅力と探し方~ 
◎タイのコンドミニアム 買ったあとにはいくらかかる?管理費、駐車代、電気、水道、修繕費用・・・

---------------------------------------------------------------------------------------------------
HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ