Home » ヘッドライン, 日本とタイのニュース配信

セントラル ラップラオ 高級指向でリニューアルオープンセントラル ラップラオ 高級指向でリニューアルオープン

[2011年9月5日(Mon) 7,768 views]

セントラル ラップラオ 高級指向でリニューアルオープン

セントラルラップラオ 開店

今回は2011年8月28日にリニューアルオープンしたセントラルプラザ ラップラオ店をご紹介します。日本ではニーズに合わなくなった有名百貨店が閉館するニュースをよく聞きますが、バンコクのショップモールの開発はコンドミニアム同様目を見張るものがあります。

ユニオンモールの連絡通路

MRTパホンヨーティン駅の連絡通路から向かったのですがとにかくヒト、ヒト、ヒトの群れで大混雑。

バンコク ギャップ GAP バンコク ZARA

やっとのことでセントラルの入り口に到着。中庭のイベントスペースではキャンペーンガールの司会によるオープニングイベントが行われていました。モール側のテナントでは一階は主にアパレル系(UNIQLO、Foever21、ZARA、GAP、EAPRIT、JASPAL、アディダスなど)と飲食系(Krispy Kreme Doughnuts、ばくだん屋、お好み焼き京都吉野、CoCo壱番屋)など。二階は各銀行支店、モバイル、istudioなど電器店とアパレル系。三階は貴金属店やレストラン街、そして四階は映画館と美容関係テナント(エカマイ駅直結のメディカルコンプレックスに似ています)となっており、地下はTOPSスーパー、フードコート、飲食チェーン店舗(KFC、マクドナルド、吉野家、ペッパーランチ、ちゃぶとんラーメンなど)となっています。

タイ バンコク セントラルラップラオ ユニクロのテナント予定地

吉野家 タイ バンコク 牛丼99バーツ

日本人にとっての注目はなんといってもユニクロのタイ進出の二号店(10月開店予定)と吉野家の一号店(すでに開店)でしょうか。ユニクロはパーカーを590バーツ(約1,510円)から売り出す予定です。周囲のテナントはライバルであるファストファッションのブランドが揃っていて激しい競争になりそうです。また、吉野家の牛丼の価格設定は99バーツ(約250円)からです。ユニクロも吉野家もそれぞれ日本で設定している価格に似通ってきていて、購買意欲旺盛なタイ人にどれだけ受け入れられるか興味深いところ。

パホンヨーティン通り
パホンヨーティン駅の一駅先のチャトチャック駅はBTSスクムビット線の北の終点モーチット駅と連絡しており、このエリア一帯は“バンコク北部エリアのターミナル”になっています。若者向けの商品構成のユニオンモールやテスコロータス、BIG Cエクストラ(旧カルフール)、ホームセンターのHOME PRO、家具店のINDEXなど大型ショップが目白押し。また、パホンヨーティンとモーチットの両駅はチェーンワタナやラムイントラ、ランシット、ナワミンなどBTSやMRTがまだ延伸していないエリアに住む市民の為の乗合バン「ロットゥー」やバスのターミナルでもあります。

今回のセントラル リニューアルオープンで印象深かったのは同行した友人のタイ人(30代男性 会社員)が「もう、ここの値段は高すぎて自分はあまり買えないや・・」と苦笑いしていたことです。彼はこのエリアの住民で以前はバーゲンの際によく買い物をしていたとのことですが、私から見ても明らかにリニューアル前よりグレードが大幅に上がりました。さすがにサイアムパラゴン、とまではいかないかもしれませんが北部随一のお洒落なモールとなり、この近隣に住むタイ人を中心に大いに買い物客で賑わうことが予想されます。

セントラル ラプラオ 外観

バンコクの北部エリア(エリア情報~ラップラオ/ラムイントラ/その他地区)は、タイ不動産という観点からみても今後注目のエリアのひとつ。本サイトでも随時物件情報などをご紹介していく予定です。

※価格は1バーツ≒2,56円 2011年9月現在
参考記事
http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2011/05/051016_store.html
http://www.newsclip.be/news/2011210_029959.html
http://www.zaikei.co.jp/article/20110623/74689.html

関連情報
◎毎日が買物日和、ショッピングに便利な新築コンド3件紹介
◎【タイ経済】 IKEAと中国系巨大モール、バンナー開発すすむ
◎続・タイ人に好かれる秘訣、教えます!

—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ