Home » タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン

タイの外食を2倍楽しむコツ その7~どの街角にも美味しい店が バンコクは外食パラダイス~タイの外食を2倍楽しむコツ その7~どの街角にも美味しい店が バンコクは外食パラダイス~

[2014年12月16日(Tue) 2,007 views]

日本食をはじめ、次々と新規オープンの飲食店が増え続けるバンコク。あまりにもチョイスがあり過ぎて、「今日はどこへ行こうか」と迷ってしまうほどですが、今回はバンコク大家お気に入りの店をランダムに。エリアは様々ですが、お近くに行かれた際にはどうぞお試しを。

ゴールドベイリーブス タイとイタリアンのレストラン タイ料理のメニュー

整理整頓された店内の様子

ドラマやサッカーがみれる大型スクリーンとスタッフ

ヤムヌア 牛肉を和えたタイ風ピリ辛サラダ

野菜炒め

店名は高級レストランのようですが、実際はいたって普通の食堂風情のタイ料理屋さんです。以前はプラカノンにありましたが現在はスクムビット通りのソイ 101/1に店を構えています。タイ料理全般がリーズナブルな値段で揃っていて、味も上々です。加えてパスタ各種やドリアなどのメニューもあるので、タイ料理が苦手な人でもオーケー、近所のタイ人家族連れや外国人にも人気のあるお店です。

宮崎 鉄板焼き セントラルバンナー

野菜をジュージュー炒める

定食セット 日本米

淡くライトアップされた電光の看板 ロールアップされた看板メニュー

こちらは、バンナー・トラッド通りのデパート CENTRAL BANGNA(参考記事/スカイトレイン延伸ライン スポット紹介⑥ セントラルデパート バンナー店)内にある鉄板焼きレストラン。カウンターのみのこじんまりした店ですが、一人で食事をとる際などには重宝します。メイン(牛・豚・鶏・シーフードから選択)に野菜炒め、ご飯、味噌汁のセットで150バーツ~。

アソークの名物イタリア料理店 ロッサーノスの店内の内装 天井高が高いレストラン 吹き抜け

バンコクの老舗イタリアレストランの内装

本格的で美味なパン 食べ放題

前菜 オリーブオイルたっぷり

イタリアンサラダ少しタイ風のアレンジ

メインディッシュのハムが入ったピッツァ 食後のカフェオレ

続いては市内中心部、アソーク立地のイタリアン ROSSANO’S。アソーク通りのソイ 3を入ってすぐの場所ですが、派手な看板も無くエントランスも奥まっているので、やや見つけにくいかもしれません。店内は広々していてムードも良好。スタッフのサーブもテキパキとしています。ディナーはそれなりの料金になりますが、前菜+メイン+ドリンク+デザートのランチで500バーツ~ほど。日本語情報誌の広告などではあまり見かけませんが、在タイ外国人のあいだでは評価の高い店です。

スクンビット105のフレッシュジュース屋

美味しくて安いスムージー

すっかりお腹いっぱいになりましたので、最後は冷たい飲み物でさっぱりしましょう。スカイトレインの終点駅ベーリンからスクムビット ソイ105を歩くこと数分、左手に軽食&カフェが見えてきます。食事のほうは特にどうということもないのですが、ここでは各種フルーツのシェイクが屋台価格の30バーツで楽しめます。店内スペースも割とゆったりしていますので、日差しが強い時に休憩がてら利用するのもよいかもしれませんね。

*価格・内容等が変更される可能性があります。

関連情報
◎ 静かな海、 静かなパタヤ~喧騒のリゾートでゆったりと過ごせるカフェ2軒
◎ 第5回 バンコク大家的“なにもしないタイの休日”~タイで読書三昧 バンコクは日本の古本天国~
◎スカイトレイン延伸ライン スポット紹介⑨ BANGCHAK MARKET(バンチャック市場界隈)
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ