Home » コンドミニアム情報 その他, ヘッドライン

今、中国人投資家はバンコクのどんなコンドミニアムを買っているのか? 中国人エージェントにじっくりと案内してもらいましたリポート今、中国人投資家はバンコクのどんなコンドミニアムを買っているのか? 中国人エージェントにじっくりと案内してもらいましたリポート

[2019年11月5日(Tue) 264 views]

ここ数年、多くの中国人投資家がバンコクやパタヤのコンドミニアムを購入しています。いったい彼らはどのような物件を購入しているのでしょうか。今回は一中国人投資家になったつもりで? 物件見学をしてみることに。

案内をしてくれるのは在タイ約2年の昆明出身のAさん、まだ20代のうら若き女性です。英語は当然流暢、タイ語も勉強をしたとのことでコミニュケーションに特に問題ありません。地下鉄ラマ9世駅のセントラルデパートで待ち合わせた後、タクシーで向かったのは 新築コンドミニアムSIAMESE RAMA9 のショールーム。SIAMESE社は最近、市内各地で積極的に新規物件を展開していますね。

SIAMESE社
新築コンドミニアムSIAMESE RAMA9のショールーム

非常に規模の大きいセールスオフィスに足を踏み入れると、各テーブルで中国人バイヤーとの商談が進んでいるようです。館内は英語よりも中国語表記が目立ちます。

SIAMESE社セールスオフィス

プロジェクトは38階、29階の高層2棟という大型物件、それとは別に敷地内にホテルも建設されるようです。

SIAMESE RAMA9の換気システムの説明
SIAMESE RAMA9のトイレ・シンクの臭気をカットするシステムの説明
SIAMESE RAMA9の換気・臭気・断熱・遮音に配慮した設計の説明

目を惹いたのは最近大きな社会問題になっているPM2.5(大気汚染)対策。最新の換気システムを採用しているとのこと。(室内ではほぼ0となるようです) またトイレやシンクからの臭気をカット、断熱や遮音についても配慮した設計であることを強調しています。   

小面積タイプのショールームの上階部分

プロジェクトは”LOFT CONDO”と名付けられており、ユニットタイプもバラエティーに富んでいます。 Aさんによると中国人の若年層購入者にはロフトタイプが人気とのこと。個人的にはこの手の部屋はあまり使い勝手が良いようには思えず、特に小面積の部屋ですと上階部分はベッドがほとんどのスペースを占めてしまい、トイレも1階にしか置かれていませんので、あまり食指が動かないのですが・・・

コーナーユニットの2ベッドルームタイプのキッチン・リビング
コーナーユニットの2ベッドルームタイプのキッチン
コーナーユニットの2ベッドルームタイプのベッドルーム・バルコニー
コーナーユニットの2ベッドルームタイプの浴室のバスタブ

一転、好印象だったのがコーナーユニットの2ベッドルームタイプ。キッチンやリビングスペースに余裕があり、浴室にはバスタブも置かれています。1Fのベッドルームにはバルコニーがあるので、子供用の部屋としても来客時の使用としても喜ばれるでしょう。

ロフト部分のマスターベッドルーム
ロフト部分のトイレ&シャワー

2階のロフト部分がマスターベッドルームとなっていますが、20平米近くあるのでせせこましさを感じずに済みます。何よりトイレ&シャワーが設置されているのが嬉しいですね。

現在の売り出し価格は平米単価で10万バーツを切っており、かなり割安感があります。ただラマ9世駅からは約2キロ離れており、現在工事中のオレンジラインの最寄り駅から300メートルということを考慮しても、好立地とは言い難いロケーション。通常の日本人購入者であれば、検討外ということになってしまいそうです。 

ショールームへの看板

Aさんによると、居住棟の一部についてはホテルライセンスの取得を計画しており、完成後の短期運用が見込めるとのこと。ホテル棟の下層階にはスーパーマーケットや飲食店も入るようですので、その意味では注目かもしれませんね。前述のように間取りに余裕があるユニットもあるので、友人同士や家族連れの旅行客に人気が出るかもしれません。

ロフト上から見たリビング

さて見学後、親切に案内してくれたAさんと日本料理を食べることに。「納豆が好き」ということで、スパイシーなタイ料理はあまりお好みではないようです。

食事をしながら会話をしていますと、単なる上昇志向とも違う、良い意味でのギラギラ感が伝わってきます。「ちゃんと休みは取れているのですか?」 「なにもしていないと落ち着かないので、ついアポをどんどん入れてしまいます。忙しくしてるほうが好きなんです」 確かにメールやSNSの返信も超速攻かつ、“ただ流す”ような文章&内容ではありません。     

せっかくのバンコク生活、外食やショッピングなどもエンジョイされたらどうですか?と尋ねると、「中国やその他の国出身の友人も居るのですが、皆忙しくしていて時間が合いません。グルメサイトを見て、頭の中で食べ歩きしてます」と苦笑い。

「最近、(借りているコンドミニアムの部屋で)内緒で猫を飼い始めたんです。今は彼がボーイフレンドですね」と嬉しそうに動画や画像を見せてくれました。「日本の人にもどんどん見学に来て欲しい」と熱く語っていた時とは一転、穏やかな表情を見ることが出来て、なんだかこちらもホッとしたような気持になりました。
本日はどうもお疲れ様。谢谢了

毎日更新中
バンコクマインド タイの過去現在未来と音楽書籍映画の旅

◆この記事について問い合わせる

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。



関連記事
◎ タイ不動産ディベロッパー勤務 10年選手のタイ人の本音~来年、異業種に転職します~
◎ チャイナパワーがやってきた~中華風のセールスオフィス イン バンコク
◎ いくらでも安くするからまとめてどう? コンドミニアムの叩き売り会場と化した今のパタヤ/遂に決定的、中国人投資家のタイ不動産離れ強まる