Home » ヘッドライン, 日本とタイのニュース配信

活況のバンコク住宅見本市(10月9~12日)&苦境の続くパタヤ不動産マーケット活況のバンコク住宅見本市(10月9~12日)&苦境の続くパタヤ不動産マーケット

[2014年10月14日(Tue) 1,626 views]

31回目を数える大規模不動産エキスポ(HOUSE AND CONDO SHOW)が、バンコク市内のクイーン・シリキット・コンベンション・センターで4日間にわたって開催された。

バンコク 第31回コンドショー

タイ不動産イベント 人でいっぱい"

ゆるキャラ タイ

予約金 4000バーツ マイケルジャクソン風

今年5月に発生したクーデターの影響が心配されていたが、会場はなかなかの盛況ぶり。ブース数も多く、しばらく見送られていたバンコクエリアの新規プロジェクト発表が年末に向けて目白押しになっているため、各社の販促にも力が入っているようだ。

bangkok post
バンコクポスト紙(10月3日付)
各デベロッパーの2014年Q4の開発状況

会場のフードコートではパンフレットや価格表を手に、真剣に検討している人々の姿も。

タイ人 コンドミニアム購入に悩む 思案中 タイ人

下記画像は大手プルクサ社の低価格帯コンドミニアムのブース。

プルクサー社 タイ

本サイトの先週のトピック “カフェ通り”エカマイ ソイ12 静かな環境で㎡単価 9万バーツ台~の家具・電化製品付き新築プロジェクト で取り上げたTHE ACE EKAMAI。

エースコンドミニアム エカマイ
スカイトレインのスクムビット線 ベーリン駅界隈では新規物件が次々とアナウンスされている。

Manhattanコンド エンバシー エキュース
ヴォック プレイス ベリーコンドミニアム

駅から3、4キロ離れた立地のプロジェクトでも㎡単価が6万バーツ超の水準。

ベーリング 平米6万バーツ

活気のあるバンコク&郊外立地の物件ブースに比べて、人出の少なさを感じてしまうのがパタヤのプロジェクトブース。幾つかのエージェントがかなりのスペースを使って出展していたが、やや寂しい状況か。

アルカディア パタヤ パタヤ不動産マーケット 失速

バンコクポスト社主催のコンドエキスポ開催&2014年秋季のタイ不動産事情 記事中でも触れているが、パタヤのマーケットは依然低調傾向で、街中では移転/クローズしたエージェントのオフィスも目につく。

パタヤ タイ不動産エージェンシー 閉店

タイ経済 軍事クーデター 不況 パタヤ 不動産不況

ある新規プロジェクトのセールスオフィスからは「先月(9月)に売れたのはたった1室だけ」というコメントも。業界では来月からのピークシーズン(北欧、イギリス、ドイツなどのヨーロッパ各国とロシアからの長期ステイ&観光客)到来に期待を繋いでいる状況だ。

*文中の数字等は2014年10月時点のもので、変更される場合があります。

関連情報
◎【タイ不動産】バンナー ベーリンに注目せよ!
◎北パタヤ WONGAMAT~ウォンアマットビーチの新旧コンドミニアム巡り
◎バンナー交差点にメガ・ショッピング施設THE BANGKOK MALL~THE GRAND METROPOLIS~ 2017年に誕生
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報