Home » Archive

エリア情報のカテゴリー記事一覧

エリア情報, ヘッドライン »

[2021年4月6日(火) | 394 views]
バンコク郊外の”格安”ではなくて”ハイエンド”なタウンハウスをじっくり見てみよう

さて今回はコンドミニアムではなくてタウンハウス、それもかなりのハイエンドクラスのプロジェクトを見てみることしましょう。立地はスクムビット通りのソイ105と107の間ですが、スカイトレイン駅から歩いていける距離ではありません。
(さらに…)

エリア情報, ヘッドライン »

[2021年1月5日(火) | 503 views]
追想のプラカノン① 15年前の記憶を辿って~高層コンドに囲まれたローカル市場は健在なり

今からもう15年以上前の話になりますが、バンコク市内プラカノン地区に住んでいたことがあります。当時のプラカノンといえば下町情緒いっぱいのローカルエリア。その後の変貌ぶりは折に触れて記事にしていますが、今回と次回は昔の記憶を辿りつつ、じっくり界隈を歩いてみることにしたいと思います。
(さらに…)

エリア情報, ヘッドライン »

[2020年3月17日(火) | 1,460 views]
日本人には、バンコクのどのエリアが一番住みやすいのか? 答えはずばり、プロンポン&トンローのワンツーフィニッシュ

バンコクには数万人規模の日本人が住んでいると言われています。勿論その生活スタイルは人それぞれ&人生いろいろ・・・なのですが、至極単純に「日本人にとって住みやすい場所は?」という問いに答えるとしたら、それはプロンポンとトンローの2地区ということになるでしょう。今回はこの2つのエリアの“強者”ぶりを色々と見ていくことにしましょうか。
(さらに…)

エリア情報, ヘッドライン »

[2020年1月21日(火) | 907 views]
二つのソイを使い分け~通り抜けOKロケーションでバンコクライフを満喫

バンコクの地図を見ると、無数の道路が迷路のごとく交差しています。幹線道路にあたる大通りを“タノン”、タノンから更に伸びていく路地を“ソイ”とタイ語では呼んでいます。
(さらに…)

エリア情報, ヘッドライン »

[2019年8月27日(火) | 2,820 views]
バンコク市内スカイトレイン沿線で好印象の中古コンドミニアム4選、平米単価5万バーツで見つかります

私はバンコク市内を歩いていまして、ふと印象の良さげなコンドミニアムやアパートを見かけると、室内や共用施設を覗かせてもらうことがよくあります。延べにすると結構な件数になっているかもしれません。
(さらに…)

エリア情報, タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン »

[2018年9月18日(火) | 2,239 views]
そしてバンコクの地獄の幕が開く~ NEVER ENDING 渋滞&満員電車 STORY

私が初めてタイを訪れたのは、今から30数年前のことです(この記事をご覧になっている方で、まだ産まれていない人も多いのでしょうね・・・)。既にその当時からバンコクの道路は渋滞でした。勿論スカイトレインや地下鉄はまだ開通していません。自家用車を持たない旅行者ですと、ある程度の距離の移動手段はタクシーかバスしかありません。当時(1980年代中頃)は確か、バス料金は2バーツだったような記憶があります。窓全開で走るため、顔は排気ガスで真っ黒け。頼みの綱の天井取り付け扇風機も故障していることが多く、停車時間が長いとサウナに入ってるような感覚になってしまうのです。
(さらに…)

エリア情報, ヘッドライン »

[2018年9月4日(火) | 2,014 views]
景気は良いのか悪いのか、パタヤで色んな人に聞いてみた~やっぱりパタヤは夜明け前?

タイ人女性(20代) 新築コンドミニアムセールスオフィス勤務
(さらに…)

エリア情報, ヘッドライン »

[2018年8月21日(火) | 1,376 views]
スカイトレイン延伸線のコンドミニアムに未来はあるか? 東京とは違うバンコクの電車通勤事情

開業以来まもなく20年目を迎えようとしているスカイトレイン、今ではバンコクおよび近郊県の通勤&通学の足として大活躍。旅行者にも使い勝手が良いことから重宝されています。なかでもスクムビットライン沿いにはデパート、ホテル、飲食店の有名どころが連なり、多くの日本人が住んでいます。
(さらに…)

エリア情報, ヘッドライン »

[2018年1月23日(火) | 1,829 views]
スカイトレインの憂鬱~駅近コンドを買ったのに、バンコクの電車にはもう乗れない!?

今やバンコク市内の欠かせぬ日常風景となったスカイトレイン(BTS)。しかしその始まりはそれほど以前のことではなく、1999年。まだ20年の月日も経っていません。運行開始直後はいつ乗っても車内はガラガラ。当時はDOOR TO DOORの移動スタイルを好むタイ人が、わざわざ階段を使って券売機で乗車券を買い求め、改札を抜け屋外のホームで電車を待つわけがない、などと言われたものです。
(さらに…)

エリア情報, コンドミニアム情報 その他, ヘッドライン »

[2017年7月4日(火) | 2,058 views]
新線イエローラインがやってくる~シーナカリン通り沿いの緑あふれる築浅コンドミニアム

バンコク都内および近郊県に徐々に路線が延伸している都市鉄道だが、ラプラオ~サムットプラカンを結ぶイエローラインの着工が視野に入ってきた。バンコク東部の幹線道路シーナカリン通りを南北に貫く路線だが、この通り沿いには多くの戸建てやタウンハウス、コンドミニアムが完成しており、また大規模なショッピング施設があることでも知られている。
(さらに…)