Home » Archive

タイ不動産でタグされた記事一覧

コンドミニアム情報 その他, ヘッドライン »

[2018年3月20日(火) | 407 views]
タイの中古コンドミニアム探訪~FILE④ 多少の難はあるだろう、平米単価2万バーツ台の築古物件を探検する

新築プロジェクトでは1㎡あたり50万バーツ超のプロジェクトも登場しているバンコクのコンドミニアム、今回はその真逆の“下限値中古物件”を訪問してみることにしてみましょう。さぞかしボロボロのとんでもない外観だろうと思いきや・・・
(さらに…)

コンドミニアム情報 その他, ヘッドライン »

[2018年2月20日(火) | 430 views]
タイの築古コンドミニアム探訪~FILE③ ご近所にデパート、飲食店も多数の2ベッドルーム 125㎡が平米単価4万バーツ台から

中古コンドミニアム探訪の旅、3回目は日常の買い物や外食が極めて便利なロケーションの「広々」コンドミニアムをご紹介しましょう。「30㎡?とんでもない、60㎡?まだ狭すぎる。日本で暮らしている部屋よりも広くなきゃ・・最低でも100㎡以上は欲しい~しかもリーズナブルな値段でね!」という希望をお持ちの方は必見です。
(さらに…)

エリア情報, ヘッドライン »

[2018年1月23日(火) | 508 views]
スカイトレインの憂鬱~駅近コンドを買ったのに、バンコクの電車にはもう乗れない!?

今やバンコク市内の欠かせぬ日常風景となったスカイトレイン(BTS)。しかしその始まりはそれほど以前のことではなく、1999年。まだ20年の月日も経っていません。運行開始直後はいつ乗っても車内はガラガラ。当時はDOOR TO DOORの移動スタイルを好むタイ人が、わざわざ階段を使って券売機で乗車券を買い求め、改札を抜け屋外のホームで電車を待つわけがない、などと言われたものです。
(さらに…)

コンドミニアム情報 その他, ヘッドライン »

[2018年1月9日(火) | 517 views]
タイの中古コンドミニアム探訪~FILE② コンドの隣はゴルフ場 大名気分で毎日ラウンド~バンコク&シーラチャの2件

年末年始は、タイにて休日を過ごした方も多いことでしょう。タイでの楽しみといえば色々と思い浮かびますが、ゴルフはそのなかでも代表的なもの。今回はお隣がゴルフ場という、お好きな方には最高のロケーションのコンドミニアムを2つ、訪問してみることにしてみましょう。
(さらに…)

コンドミニアム情報 オンヌット~ウドムスック, ヘッドライン »

[2017年12月19日(火) | 576 views]
増えも増えたりオンヌット ここ10年でコンドミニアム50プロジェクト、23000室以上の新規供給の現実

長らくスカイトレインの始発駅(終点)だったオンヌット。2018年内にベーリン、サムロン以遠の延伸ライン各駅もオープンの予定になっており、今や「駅前にスーパー(LOTUS)がある郊外駅」といった開通当時のイメージは面影もありません。駅周辺には大型高層のコンドミニアムが林立、日本料理レストランやファーストフード系の飲食店が揃ったモールもオープン。外国人の姿も随分と目立つようになりました。
(さらに…)

コンドミニアム情報 その他, ヘッドライン »

[2017年12月5日(火) | 636 views]
タイの中古コンドミニアム探訪~FILE① カオサン通りやチャオプラヤ川至近の隠れ家希少物件

以前は割安感のあったタイのコンドミニアム(分譲マンション)、近年は物件価格の上昇が続いており、バンコク中心部はもとより郊外エリア立地の新築プロジェクトも、軒並値上がり街道を邁進中。それに伴って賃貸利回りの数字も低下しており、5年~10年前には可能だった年間で6~8%、良い物件をタイミングよくチョイス出来れば10%超~といった状況は、すっかり過去のものになりつつあります。
(さらに…)

コラム, ヘッドライン »

[2017年8月8日(火) | 573 views]
大都会バンコクのhigh&low~あらゆる人が集う街

故黒澤明監督の作品で「天国と地獄」(1963年)という映画をご存知の方は多いでしょう。歴史物でなく現代(映画が作られた当時)を舞台とした作品としては特に親しまれている1本だと思います。作中では三船敏郎演じる富裕層とそうでない(と少なくとも自分で思っている)山崎努の演じる犯人役との一騎打ちという構図が展開していきますが、この英訳はheaven&hellではなく、high&lowとなっています。
(さらに…)

アパートメント, ヘッドライン »

[2017年7月18日(火) | 793 views]
コンドミニアム賃貸の強敵、タイのアパートが進化している

タイのコンドミニアムを購入して、賃貸運営を考える際には2つの大きな“ライバル”があります。一つはサービスアパートメント(以下SA)、通常のホテルにはない居住性(キッチン設備付帯・リビングルームとベッドルームが独立している間取り等)に加え、従来のホテルが持つ強み(多彩なレセプション機能・居室のクリーニングサービス等)を兼ね備えた強敵です。トンローやエカマイでは新規のSAが次々とオープンしていますので、各コンドミニアムも「コンシェルジュサービス」などと銘打って、各種付帯サービスの充実に力を入れ始めています。
(さらに…)

エリア情報, コンドミニアム情報 その他, ヘッドライン »

[2017年7月4日(火) | 850 views]
新線イエローラインがやってくる~シーナカリン通り沿いの緑あふれる築浅コンドミニアム

バンコク都内および近郊県に徐々に路線が延伸している都市鉄道だが、ラプラオ~サムットプラカンを結ぶイエローラインの着工が視野に入ってきた。バンコク東部の幹線道路シーナカリン通りを南北に貫く路線だが、この通り沿いには多くの戸建てやタウンハウス、コンドミニアムが完成しており、また大規模なショッピング施設があることでも知られている。
(さらに…)

エリア情報, ヘッドライン »

[2017年4月3日(月) | 891 views]
今日も闘いは続く~タイのコンドミニアム 「駐車場大戦争」

「これからバンコクで暮らす人たちには車なんて必要ないんだ。スカイトレインや地下鉄の路線は次々と伸びる。駅の数もどんどんと増える。通勤や買い物も電車1本で全て用が足りる時代がすぐにやってくる」と述べたのは某大手ディベロッパーの社長さん。「そうですか。ではご自身もよく電車を使われます?」と尋ねてみましたら、「えっ、僕?1回も無いよ。運転手付きの車がいつも待機してるからね」・・・今からもう数年前の話ではありますが。
(さらに…)