Home » 日本とタイのニュース配信

10月30日 バンコク都心部(BTS沿線)の様子10月30日 バンコク都心部(BTS沿線)の様子

[2011年11月4日(金) 2,486 views]

今回タイを襲った未曾有の洪水による被害を受けられた多くの方々に、心よりお見舞いを申し上げるとともに、被災地域の1日も早い復興をお祈りします。

アユタヤ、ノンタブリ、パトゥムタニといったバンコクの隣県に多大な被害が発生した後、バンコク北部やチャオプラヤ西岸地域にも浸水が及び、一時はバンコク全域が冠水するとの見方が支配的になったのが10月20日以降。特に海水面の上昇がピークに達する29日から31日にかけては”最も危険な3日間”として、政府やバンコク都も最大限の警戒を呼び掛けていました。

以下は30日午前~午後の時間帯のスカイトレイン沿線の様子です。
セントラル シーロム
シーロムのセントラルデパート前の土のう

サイアム パラゴン シーロム

サイアムパラゴン

通常通りの営業だが人出は少ない

シーロム通り

こちらも通常と異なりガラガラの車道

ラチャダムリ サトーン

ゴルファーの姿も

ラチャダムリのRoyal Bangkok Sports Club

地下駐車場への浸水を防ぐ土のう壁、

サトーン地区

ボート MBK

サトーンのオフィスビルで見かけたボート

MBK(マーブンクロンセンター)前でのひとこま

ラチャダムリ MBK

ウドムスック(スクムビット ソイ103)

のマーケット

同上 品揃えは豊富

結果的にチャオプラヤ川や運河沿いの一部のエリア等で浸水があったものの局所的な浸水にとどまり、画像にみられるように市内中心部には大きな被害は及びませんでした。

11月1日には市内全域に及ぶ冠水の危険性は減少した旨のステイトメントが政府および都からアナウンスされましたが、現在も浸水が拡大している地区もありますし、今後もバンコクや近県の河川と運河から海への放水作業が不可欠ですので、引き続き状況の推移に注意する必要があります(11月1日記)

関連情報
◎「バンコク大家」エリアガイド
◎タイでNHKをみるには?
◎タイでの医療/バンコクの病院について
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報