Home » タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン

バンコク大家版実例集~コンドミニアム購入後の家具や小物 こんなものを買ってみました~バンコク大家版実例集~コンドミニアム購入後の家具や小物 こんなものを買ってみました~

[2016年2月23日(火) 1,353 views]

皆さんからよく頂くご質問に「タイでコンドを購入した後の室内備品あれこれは、どこで買ったらいいですか?」というものがあります。新築物件の場合は家具付きでの販売も多いのですが、それでもなにかしらの家具類を追加することも多いでしょうし、あえて室内備品の無いところから、自分の気に入った物を揃えていくタイプの方も居られるかもしれません。今回はバンコク大家の自室の備品類をサンプルにして、どういったものをどこで調達したのかをご紹介してみることにしましょう。ほんの少しでも皆さんの参考になるとよいのですが・・・

青いソファ バンコクよく見るタイプ

こちらのソファは10年選手です。購入場所はオンヌットのBIGC。いわゆる“出張販売”というのでしょうか、常設のショップのものではありません。展示品はもっと大きい(長い)サイズだったのですが、「小さいサイズのものあります?」「ではお好みの寸法で新しく作ります」ということでしたので、買い求めることに。有名メーカーのものではありませんし、座り心地も最高!とまではいかないのですが、丈夫で長持ちが取り柄といったところでしょうか。値段は1万5000バーツほどでした。

リンビングボード 音楽用

この縁台(幅約2メートル)はチャトチャックのJJプラザ内のショップで購入したものです。チーク家具の専門店に置かれていたものですが、実は“少々難あり”品。よく見ると組み接ぎなどの仕上げが荒いのですが、自分で使う分にはマイペンライということで。7、8年使っていますが、なかなか気に入っています。価格は確か5000バーツほど。非常にお得な買い物でした。上の刺繍フレームはラオス(ビエンチャン)土産です。

テーブルとイス

ローの椅子×2と小テーブルはこちらもチャトチャック界隈で買い求めたものですが、場内ではなく周辺のお店のものです。作業場併設でしたので、好みの色合いを言って塗装後、配達してもらいました。セットで4000バーツ前後だったと思います。後方のランプはエカマイ通りのモールで買いました。エカマイにはアンティークのショップがあちこち点在しています。

ホワイトテーブルとアロマ 幻想的

こちらは特にどうということのないただのテーブル、ラムカムヘンのTHE MALLという巨大デパートで購入しました。観葉植物を置いたり、アロマオイルをたまに焚くくらいです。

木のテーブル

9年前くらいに買った木製のテーブルセット、ありふれたものなのですが折り畳み式ということもあって、引っ越しの際にも生き残って、今も使っています。値段は3500バーツくらいだったと思います。

木製フレーム

こちらは画材屋さん(ウドムスック通り)のワゴンセールで買ったフレームに、アート雑誌の写真を切り貼りした“お手軽オリジナル小物”です。フレームはなんと1個20~30バーツ、室内に幾つか飾っています。写真のほうは北欧のアーティストの作品でしたが、名前は忘れてしまいました・・・

手間的に楽なのは、家具や電化製品ともショッピングモールで一括購入→配送依頼というパターンですが、バンコク市内には個性的な店が数多くありますし、リサイクル品のマーケットなども開催されますので、ひとつひとつ自分好みのものを探していくのも楽しいものです。お時間がある際には、食べ歩きなども兼ねて「MY ONLY 家具」を探されてみてはいかがでしょうか。

関連情報
◎タイのコンドミニアム 家具付きか家具無し どちらを選ぶ?
◎タイのコンドミニアム 単身者向き少面積ユニットの間取り比較、どちらのタイプが暮らしやすい?
◎バンコクのコンドミニアムで暮らそう~ロングステイに理想の間取りを考える~
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ