Home » タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン

2016年度最新版!暮らしているから伝えられる~スカイトレイン延伸ライン 各駅別の生活事情採点表 PART 2 ウドムスック・バンナー・ベーリン2016年度最新版!暮らしているから伝えられる~スカイトレイン延伸ライン 各駅別の生活事情採点表 PART 2 ウドムスック・バンナー・ベーリン

[2016年1月12日(火) 1,425 views]


前回のPART1に引き続き、今回はウドムスック、バンナー、ベーリンの3駅です。

■UDOMSUK~ウドムスック

暮らしやすさ  ★★★★☆
コンドミニアム数 ★★★☆☆
将来性 ★★★☆☆

<総評>この駅の顔はなんといってもスクムビット ソイ103入り口のウドムスックマーケット、観光客向け要素0のまさにタイ庶民の「生活市場」だ。規模もかなり大きい。それに比して、以前は冷房の入っている“近代的な”レストラン等がほとんど無かったのだが、現在では駅前の小規模モールに小奇麗なカフェやレストランが入っている。ソイ103は道幅も広く、ソイ(小路)というよりは表通り(タイ語ではタノン)といってもよい規模だが、ソイ奥に行くと味が売り物のタイ食堂やオープンエアーのバーなどが多数あり、毎晩タイ人客で賑わっている。駅前には高層のコンドミニアムが数棟あるが、エリア全体では意外と物件数は少なく、昔ながらのアパートが依然多数見られる。郊外の大規模モールMEGA BANGNAの無料シャトルバスもここから発着。

ウドムスックの屋台街

ウドムスックのジェラート店

駅前の高層コンドミニアム

スカイトレインホームより 左手がスパライ社、右手がアーナンダ社の物件

[過去の参考記事]
・スカイトレイン延伸ライン スポット紹介② ウドムスック マーケット
・バンコク大家が行く~付帯施設充実、近所には多数のレストラン&パブ 100万バーツ台のバンコク市内築浅コンドミニアム館内拝見

■BANGNA~バンナー

暮らしやすさ  ★★☆☆☆
コンドミニアム数 ★★★☆☆
将来性 ★★★★☆

<総評>スカイトレインのバンナー駅はバンナー交差点から500メートル弱離れているが、駅周辺にはほとんど商店が無い。交差点周辺は車の交通量も多く、雑然とした雰囲気。歩きが基本、という人にはあまり勧められないエリアかもしれない。駅から3キロの距離があるが総合デパートのCENTRAL BAGNAには多数の日本料理店が揃い、館内には大型スーパーなどもあり利用しやすい。コンドミニアムについては以前は築古の物件が散見される程度だったが、現在交差点周りに数件の高層物件が建築中(完成済みもあり)。今後の目玉は完成時期はやや延びそうだが、何といってもBANGKOK MALL。大型展示場のバイテックではオフィスタワーの建設も始まっており、エカマイにある現バスターミナルの移転話やスカイウォーク計画(ウドムスック駅~バンナー駅)などが実現すれば、“化ける”可能性も感じられるエリアだ。

バイテック オフィス棟 建築中のバイテックのオフィスタワー

築古の物件群 駅からの距離があるが価格は安い

築古の物件群 駅からの距離があるが価格は安い

タイ 気象局

駅前の気象局オフィス 

[過去の参考記事]
・スカイトレイン延伸ライン スポット紹介⑥ セントラルデパート バンナー店
・ BTSのウドムスック駅~バンナー駅を結ぶスカイウォーク計画とバンナー交差点のコンドミニアム事情
・バンナー交差点にメガ・ショッピング施設THE BANGKOK MALL~THE GRAND METROPOLIS~ 2017年に誕生

■BEARING~ベーリン

暮らしやすさ  ★★★☆☆
コンドミニアム数 ★★★★☆
将来性 ★★★☆☆

<総評>スカイトレインの現時点での終点 ベーリン駅最寄りのスクムビット ソイ107~109にかけてはスクムビット ソイ64(プンナウィティ)と並んで、ここ数年で劇的にコンドミニアムの数が増えた一帯だ。お隣のソイ105でも物件数が増えており、駅から徒歩圏外立地のプロジェクトも加えると優に20を越える。スタジオ~1ベッドルームのタイプであれば、現在でも200万バーツ以下での購入が可能だ。新規オープンの飲食店などは増えているが、急速に増えたコンドミニアム住人のニーズを満たすような大型商業施設の誕生が待たれるところ。ベーリン以遠の新駅サムロン(2017年開通予定)周辺にはデパート、スーパー、市場が揃っており物価も安く、休日にぶらついてみるのも楽しい(ベーリンからはタクシーで40~50バーツほどで行ける)

ソイ107のパクソイ

夕方以降は帰宅ラッシュ

スクンビット線 ライトグリーン延伸工事

ベーリン駅~サムロン駅間の工事も進捗中、左手がソイ 107

いちごカフェ 日本食レストラン

カッシアとタイのオリジン社のコンドミニアム

ソイ107内には低層タイプのコンドミニアムも多数誕生

[過去の参考記事]
・もう一つのベーリン物語~スクムビット ソイ105(SOI  LASALLE)

*なお★数については主観も入っておりますのでご了承ください。資料や統計上の数字による分析ではなく、あくまで現地での実際の生活感を基にして作成しています。

関連情報
◎ 郊外立地のコンドミニアム、その選定ポイントは?
◎バンコク大家によるディープ分析~いかにしてタイのコンドミニアムの値段は上昇するのか?②
◎バンコク大家が行く~5年前に70万バーツ(当時 約200万円)で売り出された格安コンドミニアムの今を現場検証
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ