Home » ヘッドライン, 日本とタイのニュース配信

【タイ不動産ニュース定点観測】タイ民主党政権、固定資産税導入は先送り【タイ不動産ニュース定点観測】タイ民主党政権、固定資産税導入は先送り

[2011年3月1日(火) 3,574 views]

タイ民主党政権、固定資産税導入は先送り


バンコク週報【経済】 01/14記事より

固定資産税導入は先送り

 現民主党政権は固定資産税の導入を公約のひとつに掲げていたが、コン財務相によれば、検討に時間がかかっており、約束通りに今年6月に導入するのは不可能という。

 同税導入案は現在、国の法律最高諮問機関「法令委員会」による精査が行われているところだが、現政権には時間がないため、導入は次期政権に委ねられることになったとのことだ。

 タイ開発調査研究所でマクロ経済開発と所得分配を研究するソムチャイ氏は、「固定資産税が導入されれば、税収が年間1,000億バーツ程度拡大する。これで、低所得者向け社会福祉を賄うことができる。しかし、大地主は有力者であり、その支持を失うことになるため、政府は固定資産税導入には及び腰」と指摘している。

固定資産税導入についてはタイでは今に始まった議論ではなく、過去の政権でも必ずといっていいほど懸案事項になっていたものです。ところがどういうことか必ずうやむやになり先送りを繰り返しています。導入による効果、メリットというのは記事にもあるようによく理解されているのですが、それを上回る「困った」部分、「困ってしまう」人が多いということでしょう。
日本人からみた場合は

■2011年3月現時点での円高傾向

■上昇傾向のタイの不動産相場

に加えて“3種の神器”ともいえる

■固定資産税の負担無し

は嬉しいニュースではありますね。

プロンポンのコンド建設中


◎日本とタイのニュース配信のカテゴリー記事一覧

◎なぜタイなのか その1はタイ不動産に関する税制についてです。

—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ