Home » ヘッドライン, 日本とタイのニュース配信

日本在住の購入者の知らない世界?新築コンドミニアム発表会&エージェント向けのパーティー風景点描日本在住の購入者の知らない世界?新築コンドミニアム発表会&エージェント向けのパーティー風景点描

[2016年11月8日(火) 840 views]

先月お届けしたメールマガジン(バンコク大家では月2回程度、サイト記事とは別に不動産関係の情報に加えて身辺雑記などをメールマガジンでお届けしています。勿論、購読料は無料。ご希望の方は是非、下記フォームからお申込みください)で、「タイでは各ディベロッパーが予約会やイベントを開催して、新規プロジェクトをいち早く販売している」 というトピックを書きました。今回は最近開催されたその手のものを幾つかご紹介してみましょう。

《メールマガジン登録フォーム》
購読を希望される方はEメールアドレスをご記入ください。



参加メールアドレス

アソーク駅近く ミュニック23の広告

不動産販売VIPイベントのレセプション

間取り図 予約会

まずはスカイトレインのアソーク駅から300メートルというロケーションのMUNIQ 、大手MAJOR社のハイエンド新規物件の優先予約会の様子です(上記画像)。受付を済ませると(事前予約制)、即個別の“商談テーブル”へ誘導され、以降は担当のスタッフがマンツーマンでプロジェクト説明~予約受付を行います。多くの来場者があるコンドショーなどの見本市と異なり、ほぼ全員(というと多少オーバーかもしれませんが)が予約をしていきます。

フロアプラン

広告 高級コンドミニアム シックなイメージ

プロジェクト自体は36階建ての高層ながら室数は201と抑え目。1フロアあたりのユニット数も10室以下となっています。価格は20万バーツ台前半~/㎡といったところ。

ホテルでのコンドミニアム販売会

海外不動産のマンション販売会 飲み物と軽食の無料提供

fynn condo  フィンコンド スクンビット31

続いてはコンドミニアムや戸建て、バンコク以外のリゾート物件などが混在しているイベントの様子です(上記画像)。高級ホテル内の会場で開かれており、軽食やデザート、ドリンク類が自由にオーダー出来ます。同じくアソーク駅が最寄りの新プロジェクト、FYNN SUKHUMVIT 31のブースがありました。(同シリーズの先行物件 FYNN AREEはスカイトレインのアーリー駅が最寄りで現在建築中。参考記事/もしもバンコクで次に引っ越すとしたら? 第一候補はワン&オンリーの魅力 アーリーの新築&築浅コンドミニアム2件

フィン アソークの間取り

フィン スクムビット31のロケーションマップ

こちらは低層8階で全67室とこじんまりとした造り。100㎡台の3ベッドルームが9室、ペントハウス(1室)は398㎡の広さというあたりが目を惹きます。ただアソーク駅からはかなりの距離があるので徒歩圏とは言い難いロケーションです。

最後に紹介するのは一般の購入者向けのものでなく、ディベロッパーがエージェントを招待して行うパーティー(慰労会?のようなもの。要は「さあさあ、もっと頑張って売ってね!」という叱咤激励の場です)の模様を。

エージェントとスタッフの不動産販売のハウスパーティ ビュッフェスタイル

タイのお洒落な一軒家レストランを貸し切り

場所はバンコク市内のとあるお洒落なバー&レストラン。ビュッフェ形式でワインやビール、カクテルなども飲み放題です。

成約時のコミッション報酬 金の延べ棒のインセンティブ

招かれているのが購入者ではありませんので、ディベロッパーからの話の内容は勿論異なります。「売れば売るほど報奨金を弾むよ!」「いっぱい予約を取ったら金の延べ棒もあげちゃうよ」と大盤振る舞いです。(ちなみにこのパーティーに招待されていたのはシンガポール、香港、台湾のエージェントスタッフがメインです。進行も中国語&英語で行われました) タイのディベロッパーは近年、これらの国で強力なプロモーションを展開しており、まずは海外で売り出し→その後でタイ国内向けに販売というパターンも多くなっています。私が感心したのは彼らの語学スキル、中国語は勿論として、英語&タイ語もかなり流暢に使いこなしている人が多かったように思います。「3~4か国語を“日常会話以上”のレベルで身につけているのが当たり前」という時代が、既に到来しているのかもしれませんね。

関連情報
◎海外でのセールス強化を図るタイのコンドミニアム 香港&シンガポール編
◎タイのコンドミニアム~投げ売り、大バーゲンって本当にあるの?
◎日本在住でもオーケー 少額資金でも可能なプレビルド投資とは?
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ