Home » コラム, ヘッドライン

さらば下町? 変わりゆくプラカノンさらば下町? 変わりゆくプラカノン

[2011年8月4日(木) 7,715 views]

さらば下町? 変わりゆくプラカノン

BTSプラカノン駅

「プラカノン? ああ、ありますねBTSの駅に。エカマイの次でしたっけ。オンヌットの手前ですよね。ところで何がありましたっけ・・・」
スカイトレインのサイアム駅~オンヌット駅区間でおそらくもっとも地味で存在感が無いのがプラカノン駅だろう。高級デパートのエンポリアムと直結しているプロンポン駅、近年駅周辺にショッピングモールの建設が進んでいるエカマイ駅、大型スーパーやローカルマーケットがあり始終人の流れが多いオンヌット駅と比べると、確かに話題に上ることが少ないエリアだ。

スクムビット ソイ71

プラカノンはもともとプラカノン市場を中心とした下町風情が漂うエリアだった。生鮮食料や衣類が驚くほど安く買え、夕方以降には数多くの屋台が店を開き、こちらも安価で美味しいタイ料理の数々を味わうことができる。要は“お洒落な”“洗練された”という形容詞とは無縁な一帯で、次々と開発が進む近隣のスカイトレイン駅のなかで唯一昔ながらの DOWNTOWNといってもよい雰囲気を感じさせる場所だったといえよう。

ところがここ数年、このプラカノンのエリアにも新築コンドミニアムの建設ブームが到来してきている。4~5年前にはラマ4世通りとスクムビット通りの交差点近くに大手 PLUS PROPERTY社の Sukhumvit Plus、メゾネットタイプの大型ユニットを中心とした FICUS LANEなどが目立つ程度だったが、高層2棟の超大型プロジェクトのLe Luk&Skywalk (建設中)がプラカノン駅近くに、また前述のプラカノン市場の中にZenith Sukhumvit(完成済) The Bloom(建設中)などの新築物件が次々にアナウンスされ、低家賃のアパートが多かった一帯が様変わりしようとしている。

加えてプラカノン駅から200メートルのスクムビット通り沿いに建設予定のVINE Sukhumvit46 は低層5階建て2棟の全68室というこじんまりしたプロジェクト、また大手のSansiri 社によるWYNE Sukhumvit は対照的に31階建て 460 室の高層タイプ になっている。(立地はスクムビットソイ71の向かい側)

バンコク プラカノン付近のコンドミニアム

プラカノン プリディー ソイ2

プラカノンの弱点として挙げられるのが駅周辺にデパートやショッピングモール、大型スーパーなどが無いことだろう。ソイ71には24時間営業の JUSCOがあるのだが駅から徒歩圏ではない。そもそも「冷房の入っているカフェやレストラン、ファーストフード店」自体の数が少ないので、週に何回かはスターバックスでくつろぎたい・・といった向きには暮らしやすいエリアではないだろう。反面都心に近い割に物価が安いエリアなので、ローカルなタイ料理が好きな人などにはうってつけの場所ともいえる(ソイ71のサブソイ2には特に多くのタイ料理食堂や屋台が揃っている)映画「男はつらいよ」に登場する葛飾柴又の商店街を思わせるプラカノンの町並みがこれからの5年、10年でどう変化していくのか、興味深いところだ。

参考情報
◎オンヌットの過去・現在・未来
◎エリア情報~スクムビットメイン(-ソイ71まで)とシーロム、サトーン~
◎祝!スカイトレイン オンヌット~ベーリン開通 沿線ミニガイド

—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ