Home » ヘッドライン

バンコク大家からの震災に対するメッセージバンコク大家からの震災に対するメッセージ

[2011年4月9日(土) 2,612 views]

バンコク大家から東日本大震災に関してのメッセージ

2011年3月11日に発生した東日本大震災により被災された皆さま、そのご家族の方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

ここタイにおいては震災発生直後より多くの義援金が寄せられ、現在でも様々なチャリティ活動が展開されています。タイの皆さまの暖かい心に感謝の念を伝えたいと思います。

震災後1ヶ月が経過しようとしておりますが、事態の収束については長期化の様相を示しており、被災地のみならず日本各地において経済活動、日常生活のあらゆる側面に影響を与えています。

この間、私どもにはタイ人の知人から「あなたの家族は無事だったのか?」「日本での生活に不自由はないか?」「家族や友人をタイに呼んであげたらどうか?」等の声が数多く寄せられてきております。

「バンコク大家」では当初より「これからの時代は日本人も外国での生活ベースを構築するべき」とのメッセージを掲げていました。今回の未曾有の大惨事がひき起こした、いまだ癒えぬ傷跡の深さを知るにつけ、その必要性が一層高まったように思えてなりません。    

タイには従前より多くの日本人が観光旅行で訪れています。タイの人々は大変に親日的で、食費や住居費も日本と比して安価です。特に首都バンコクは日本料理店や日本語書店など、日本人が暮らしやすい環境が整っています。

本サイトをご覧頂いている皆さまにおかれましてはこの機に、是非タイの気候や食生活、住環境などを肌で知る機会をつくって頂くことを提案いたします。短期間の滞在であったとしてもタイの人々の優しさと微笑みが心の癒しとなり、また将来における長期滞在や当地での起業に繋がる第一歩となるかもしれません。

私どもバンコク大家では海外に暮らす一日本人の務めとして、皆さまの訪タイに関して可能な限りのサポートをして参りたいと考えております。飛行機やホテルに関する相談、今後の長期的な滞在を前提とした住居見学や各種視察/調査、現地での生活上の質問等がございましたら、近々に予定のない方も含め、どうぞお気軽にご連絡をお寄せください。

追(4/12 2011) バンコクで生活した場合の予算をまとめてみました。
予算別シュミレーション もしバンコクで暮すとしたら?【住居編】

—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ