Home » コンドミニアム情報 その他, ヘッドライン

バンコクおよび近郊県で、100万バーツ以下のコンドミニアムは今でもあるか?バンコクおよび近郊県で、100万バーツ以下のコンドミニアムは今でもあるか?

[2015年8月11日(火) 2,504 views]

本サイトをご覧頂いている方から時折「ともかく安いコンドミニアムはないか?予算は100万バーツ以下で」といったお問合わせを頂くことがあります。下記の画像をまずはご覧ください。

100万バーツのタイのコンドミニアム

100万バーツどころか、何と50万バーツ台の数字が目に飛び込んできます。低価格帯のコンドミニアム建設では有名なルンピニ社のLUMPINI TOWNSHIP RANGSIT-KHLONG1という大型プロジェクト。全体で1万室を越えるという超メガ級のサイズです。ユニットサイズは約21㎡~約26㎡、下記画像にあるようにモールも併設されています。

ルンピニ社のコンド

ロケーションは下記画像マップに。一言でいうと“ドンムアン空港の北側、アミューズメントパークのDREAM WORLD近く”ということになります。

販売物件のロケーションマップ

続いて別物件、こちらも100万バーツ以下の販売価格ですが、室内面積は30㎡前後と多少余裕があります。立地はバンコク市内のラプラオ通りとランカムヘン通りに挟まれているエリア。戸建て住宅やアパートが建ち並んでいる環境で、近隣には大型デパートのTHE MALL BANGKAPI があります。

83万バーツ コンドミニアム

タイ格安コンドの部屋の間取り

もう1つ、見てみましょう。ナワミン通りのソイ157をやや入った場所にある完成済みの物件です。㎡単価では3万バーツ台と、やはりかなりの割安感があります。

コンドミニアムの外観

プロジェクトの地図

タイの不動産価格

ラムイントラ通りにはメガモールのFASHION ISLANDがありますし、ナワミン通りにはマーケット(市場)、大型スーパーも揃っています。

これらの物件は決して“人里離れた山の中”というロケーションではありません。ただ外国人が利用しやすいスカイトレインや地下鉄の駅近くというわけでもないので、タクシーやバスの利用が必須です。タクシーやバスに乗るということは“行き先を告げる”必要が出てきます。また現地のセールスオフィスや管理室に辿りつけたとしても、スタッフが外国人の対応に慣れていない、英語があまり通じないというケースも充分予想されます。ある程度土地勘がある、上記の交通機関の利用に慣れている、多少のタイ語会話が可能ということでなければ、初回は現地事情に詳しい知人やタイの友人に同行を依頼(あるいは車で案内してもらう)したほうが無難です。途中で迷子になってしまってはいけませんから・・・

また購入や居住を考える際には、物件本体(室内および施設)に加えて周囲の環境・雰囲気、市中心部までのアクセス、雨期の冠水の度合いといったポイントも充分に考慮されることをお薦めします。(参考記事/郊外立地のコンドミニアム、その選定ポイントは?) まずは助けなしに現地に無理なく行けるようになってから、こういった諸点を自分の眼で実際にチェックしていきましょう。

*文中の数字や仕様等は変更になる場合があります。

関連情報
◎「平米単価はいかほどで?」「はい、40万バーツといったところでしょうか」 ルンピニ公園近くの新築プロジェクト SALADAENG ONE  ペントハウスは7億円超
◎ 500万バーツ以下の予算で考えるバンコクの“日本人街” プロンポン界隈の新築&築浅完成済みプロジェクト 2件
◎タイのコンドミニアム 単身者向き少面積ユニットの間取り比較、どちらのタイプが暮らしやすい?
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ