Home » タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン

続々・バンコク大家的“なにもしないタイの休日”続々・バンコク大家的“なにもしないタイの休日”

[2013年3月19日(火) 3,508 views]

タイに来られる皆さんから、よく聞かれることがあります。「タイ料理や日本料理以外で、何かお勧めな店はありますか?」香辛料のきいたタイ料理が苦手な方も居られるでしょうし、好きな方でも連日ではお腹が悲鳴をあげてしまうかもしれません。日本料理なら帰国してからいつでも食べれるし・・ということで、今回の“なにもしないタイの休日”では、タイ料理と日本料理以外の「変化球」のお店を幾つか紹介しましょう。

まず最初はインド料理レストランを。バンコクにはインド料理の店はかなり多いのですが、観光客にも知られている高級店は値段もそれなりですし、ローカルな店ですと場所がわかりにくかったりします。この HUNGRY EYE はスカイトレインのアソーク駅とプロンポン駅の間にあり(ソイ奇数側)、表通り沿いですので地理に不案内な方でも見つけやすいと思います。

ターリー

看板 座席

上の画像にあるのはベジタブルカレーのセットですが、かなりのボリュームです。味付けもマイルドで日本人好みです。嬉しいのは199バーツ(約600円)というお値段。席数30程度の小さな店ですが、サービスもソフトで感じがよくお勧めの1軒です。

続いては「洋食」のお店を。ともかく癖のない味付けを!という時にぴったりなのが SEAR STEAK HOUSE。ステーキといっても本格的なそれではなく、値段も100バーツ前後で食べられるカフェテリアです。付け合わせの温野菜やサラダも実にシンプルな味付けで、胃腸が疲れ気味の時や小さいお子さん連れの際にも重宝します。

ステーキ

外観 店内
お店の中 バンコク 格安ステーキ

店内も明るく清潔感があります。場所はシーロム通りとナラティワ通りの交差点北側、ソイピパット2入口の近く、こちらのお店も表通りに面しています。

最後は飲茶専門店を。サイトの以前の記事でも簡単に取り上げましたが(スカイトレイン延伸ライン スポット紹介② ウドムスック マーケット)、KAIXIN DIMSUM(カイシン ディムサム) は地元の人に長く愛されている店で、店内の壁にはタイの芸能人が訪れた際の写真が飾られています。

飲茶

レストランの外 点心

値段も安く(1せいろ20バーツ均一)、ポットで出される熱いお茶とともに寛ぐことが出来ます。持ち帰りも可能ですので、キッチン設備のあるサービスアパートメントやコンドミニアムに滞在している方でしたら、温め直して夜食にするのも良いかもしれません。スカイトレインのウドムスック駅から徒歩で5分程度、赤い看板が目印です。

関連情報
◎バンコク大家的“なにもしないタイの休日”
◎タイでの医療/バンコクの病院について
◎バンコク大家が提案する“女性のためのタイ不動産選び”
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ