Home » タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン

バンコク滞在宿泊ガイド① 高級サービスアパートメント編バンコク滞在宿泊ガイド① 高級サービスアパートメント編

[2011年4月24日(日) 33,167 views]

バンコク大家版、バンコク滞在宿泊ガイド①

~高級サービスアパートメント編~

サービスアパート ホープランド バンコク プロンポン

将来タイでのロングステイを考えている、またタイの不動産購入を検討している皆さんに是非お薦めしたいのがショートステイ(プチロングステイ)体験。

現地の生活感覚を肌で知ることは、その後のタイでの生活や投資をスムースにさせる貴重な機会になるはずです。ホテルでの連泊は高くつきますし、ある程度の長期間の滞在になると、室内で簡単な調理や洗濯をしたいと思う方も多いでしょう。

そこでお薦めしたいのがサービスアパートメントと呼ばれる宿泊施設。日本であまり馴染みの無い呼び方ですが、タイでは都市部を中心によく見かけるタイプの施設です。全体的に室内の備品が充実していて館内設備の水準が高く、シニア層や夫婦、カップルでも快適な滞在を楽しむことができます。

近年では日本人の利用客も増えてきており、日本語対応のサービスも充実してきていますので、言葉に不安のある方や初めてバンコクに来られる方でも安心です。

バンコク スクムビット ソイ24
サービスアパートやホテル、コンドミニアムが並ぶ バンコクのスクムビット ソイ24

■サービスアパートメントとは?

一言でいうとホテルのサービスや機能性とコンドミニアム(マンション)の居住性を兼ね備えた宿泊施設ということになります。タイではバンコクを中心に近年その数が増加しています。1泊単位、週単位といった短期でのステイから月~年単位での契約も受け付けています。(物件によって短期の契約不可の場合もあり)

タイで働く各国駐在員や本国からの出張ベースでの住居として使われることが多かったのですが、最近では旅慣れた旅行者やロングステイヤーの利用も増えています。

■部屋や施設の内容は?

部屋のタイプはスタジオ(ワンルーム)タイプから2、3ベッドルームまで幅広く選択できる物件がほとんどです。ホテルと異なる点は全体的に部屋の面積が広く、室内でくつろいで過ごせることができること。またキッチンや電子レンジ、洗濯機、食器などが室内にセッティングされていますので、まさに「暮らす」感覚で滞在を楽しめます(室内備品の有無、程度については物件によって違いがあります)

ベッドメイキングやクリーニング等のサービスも充実しており、プールやフィットネス、ビジネスセンター、レストランなどの施設も揃っている施設が増えています。日本人利用者の多いアパートメントでは日本人スタッフを常駐させたり、朝食に和食を取り入れるなどの対応もしています。スカイトレインの駅まで距離がある立地の場合は送迎サービスを実施しているので、移動にも便利です。

短期間の宿泊者比率が高く人の出入りが多いホテルと違い、館内の雰囲気は落ち着いていて、スタッフのサービスも付かず離れずフレンドリーで親しみやすいことも特徴です。フロントではショッピング&観光スポット、タイ国内の旅行についてなど色々と相談に乗ってくれますので上手に利用しましょう。

■料金的には?

アパートメントによって差はありますが大まかな目安として1泊あたりでスタジオタイプならば1,500バーツ~、1ベッドルームタイプなら2,000バーツ~が目安。1週間、1ヶ月と期間が長くなるほど料金が割安になります。1ヶ月の契約ならば1ベッドルームタイプで40,000~70,000バーツの予算見当になります。1ヶ月以上の契約の場合は税金、電気代、水道代が別チャージになることもあるので確認が必要です。

■お薦めのエリア

バンコク市内でのショートステイの滞在に適しているエリアと、各エリア内のアパートメントの一例を以下に挙げているのでご参考に。エリアの選択については、日本人にとって利用しやすい(周辺に日本レストランやデパートなどが揃っていて食事や買物に便利)ことやアクセスの良さ、シニアやカップルでも落ち着いて過ごせる環境であることなどを考慮しています。個々のアパートメントについては、一定以上のグレード感があるものをリストアップしているので、価格重視の割安感が感じられる宿泊施設についてはバンコク大家版、タイ滞在宿泊ガイド②~割安なアパート・コンドミニアムレンタル編~をご参照ください。

■BTSスカイトレイン プロンポン駅周辺

高級デパートのエンポリアムがスカイトレイン駅に直結、店内には日本料理屋や日本の惣菜を扱った店も多数。駅周辺には日本語書店や日本の食材が揃うフジスーパー、日本レストラン、居酒屋、喫茶店、レンタルのコミックショップなどが揃っており、バンコク市内でも、もっとも日本人に暮らしやすい環境が整っています。タイでの初めてのショートステイ(プチロングステイ)には一番お薦めのエリアといえます。

スクンビット ソイ24
スクムビット ソイ24はバンコクの中でも綺麗なソイ 喫茶店、レストラン、クリーニング店などが並ぶ

下記のサービスアパートはプレジデントパーク(プロンポン駅から徒歩15~20分)を除き、いずれも徒歩10分以内の立地で、個人でのタクシーやバス利用に抵抗がある人にとっても便利なロケーションに位置しています。

◎アデルフィー グランデ   スクムビット ソイ41

室内の調度も品が良く、プールやフィットネス、レストラン等施設も充実しています。
1ベッドルームで1泊3,000バーツ~、1ヶ月60,000バーツ~

◎マリオット スクムビットパーク   同ソイ24

2009年開業の大型施設、ソイ24の中ほどの立地。室内調度もセンス良くテニス、スカッシュなどのスポーツ設備も充実。スタジオ1泊2,500バーツ~、1ヶ月70,000バーツ~

◎CNCレジデンス   同ソイ33

室内は落ち着いた内装でシニア向け。内容の割に価格が安く、フジスーパーへの買物や近辺の日本レストランでの食事にも便利。駐在員の利用も多い。ワンベッドルーム1泊2,000バーツ~、1ヶ月50,000バーツ~

◎エンポリアム スイート   同ソイ24

エンポリアム スイート
エンポリアムデパート上層階に位置する高級サービスアパートメント、隣が公園なので眺望の良い部屋が多い。1ベッドルーム4,000バーツ~、1週間25,000バーツ~

◎ホープランド    同ソイ24

飲食店やタイマッサージの店が多い人気のソイ24に位置し旅行者の利用も多い。部屋のタイプによって室内の調度品の有無に違いがあります。スタジオ1泊2,500バーツ~、1週間15,000バーツ~

◎オークウッド スクムビット24     同ソイ24

オークウッド プロンポン
プロンポン駅まで徒歩3分、室内はゴージャスな内装で、ビジネスセンターなど施設も充実。1ベッドルームで1泊4,000バーツ~、1ヶ月70,000バーツ~

◎プレジデント パーク     同ソイ24

駅からは距離がありますが周辺にはレストラン、カフェ、スーパーがあって生活には便利。スタジオタイプで2,000バーツ~、1ヶ月40,000バーツ~

◎V レジデンス    同ソイ26

駅近でスクムビット通りに面しているので利便性良好、エンポリアムデパートでの買物に便利です。1ベッドルーム1泊2,500バーツ~、1ヶ月70,000バーツ~

■トンロー通り沿い周辺

トンロー通りはスクムビットのソイ55にあたり、最寄駅はスカイトレインのトンロー駅となります。旅行者向けというより、駐在員とその家族など主に在タイの日本人が集まるエリアです。日本料理レストランやラーメン専門店、スーパーマーケット、カフェなどが揃いますが、スクムビットの表通り(アソーク、ナナなど)と違い歓楽色が薄いので、落ち着いた住環境を好む人にお薦めです。以下のアパートメントにはトンロー駅から徒歩ではやや距離があるものも多いので、タクシーでの移動が必要になります(アパートメントによってはトンロー駅までの送迎サービスもあり)

スクンビット ソイ55
スクムビット ソイ55(ソイ トンロー)の入り口(パクソイ)

◎パンパシフィック    スクムビット ソイ55

コンドミニアムや商業施設と一体となっている高級サービスアパート、近隣には日本レストランも多く外食にも便利。1ベッドルーム1泊4,000バーツ~、1ヶ月100,000バーツ~

◎センターポイント トンロー     同

定評のある世界的チェーン、バンコクでは8か所で展開。買物、食事に便利な立地。ワンベッドルーム1泊4,000バーツ~、1週間25,000バーツ~

◎オークウッドレジデンス トンロー     同

8階建てのこじんまりとした物件だが周囲には多数の日本料理屋や居酒屋があって単身者にも便利な立地。スタジオタイプ1泊3,000バーツ~、1ヶ月60,000バーツ~

◎ソマーセット トンロー    同

サマーセット バンコク
2010年開業で室内は明るく機能的な作り、トンロー通りのサービスアパートではトンロー駅に近く徒歩での移動も可能。スタジオタイプ1泊2,500バーツ~、1週間18,000バーツ~

◎シビック パーク     同

日本人駐在員の利用も多く、トンロー通りからやや奥に入るので閑静な住環境。1ベッドルーム1泊4,000バーツ~、1ヶ月60,000バーツ~

*上記の価格については税金、電気代、水道代、電話代、インターネット料金、室内の清掃費用、朝食代などが含まれている場合と別計算で加算される場合があり、料金内容に差異が出ることがあります。時期により価格設定が異なることも多いので、あくまでひとつの目安としてご参照ください。

またプロンポンおよびトンロー地区以外にもバンコク市内には多くのサービスアパートメントがあります。(ランスワン、アソーク、ナナ、シーロム/サトーン等の各エリア) 

関連情報
◎【基本情報】タイへの行き方
◎予算別シュミレーション もしバンコクで暮すとしたら?【住居編】
◎祝!スカイトレイン オンヌット~ベーリン開通 沿線ミニガイド

—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ