Home » コンドミニアム情報 オンヌット~ウドムスック, ヘッドライン

増えも増えたりオンヌット ここ10年でコンドミニアム50プロジェクト、23000室以上の新規供給の現実増えも増えたりオンヌット ここ10年でコンドミニアム50プロジェクト、23000室以上の新規供給の現実

[2017年12月19日(火) 625 views]

長らくスカイトレインの始発駅(終点)だったオンヌット。2018年内にベーリン、サムロン以遠の延伸ライン各駅もオープンの予定になっており、今や「駅前にスーパー(LOTUS)がある郊外駅」といった開通当時のイメージは面影もありません。駅周辺には大型高層のコンドミニアムが林立、日本料理レストランやファーストフード系の飲食店が揃ったモールもオープン。外国人の姿も随分と目立つようになりました。

さて今現在、このオンヌットにどれくらいの数のコンドミニアムがあるのでしょうか?駅周辺~ソイ別にコンドミニアム名と室数をリストアップしてみましたので、どうぞご覧になってみてください。

*順不同
*目安として築10年前後までの物件のみ、築古物件は除く 
*現時点で未完成のプロジェクトも含む
*駅から徒歩圏外のプロジェクトも含む
*物件名は正式名称ではなく、(onnut,sukhumvitなどの単語や数字・定冠詞について)省略記載したものもあり

駅前ソイ奇数側~ソイ77、79方向
IDEO MOBI:940
PRESIDENT:358
IDEO VERVE:490
Q HOUSE:484
KNIGHTSBRIDGE:600
U DELIGHT:773
ARTEMIS: 673
LUMPINI VILLE 77:987
LUMPINI VILLE 77-2:956
BLOCKS 77:467
THE BASE 77:1232
THE BASE PARKEAST:504
THE BASE PARKWEST:711
HAS HAUS:310
MORI HAUS:262
KAWA HAUS:546
LUMPINI CENTER 77:872
UTD:118
THE ROOM 79:343
A SPACE 77:1600
A SPACE ME 77:832
LUMPINI VILLE ONNUT 46:1450
THE TROPICAL:72

小計:15580

一口コメント/大手ディベロッパーによるメガプロジェクトが多数ありますので、合計のユニット数が多いですね。ソイ77は奥に長いソイですので、駅から距離のあるエリアにも多数のコンドミニアムが建設されています。表中ではLUMPINI CENTERなどが最古参ですが、当時の発売価格は㎡単価で4万バーツほどだったように記憶しています。去年~今年に発表された物件のなかには20万バーツ前後/㎡の水準になっているものもありますね。

ソイ77の物件からの風景

駅前ソイ偶数側~ソイ50方向
SIAMESE:339
DIAMOND:485
RHYTHM 50:589
THE EXCEL HYDEAWAY 50:772
THE LINK 50:595
THE LINK ADVANCE:199
MAYFAIR PLACE 50:356
THE NICHE MONO 50:434
PANDAO PLACE:60
THE WATERFORD 50:738
S CONDO:77
TREE 50:118

小計:4762

一口コメント/ソイ50からは高速道路へのアクセスが出来ますので、車移動の際には便利なロケーションです。こちらも駅周辺の高層プロジェクト以外に、ソイ奥にも規模の大きい物件があります。

ソイ50の高層物件

ソイ52、ソイ54方向
TREE 52:73
TREE LUXE 52:95
THE NEXT 52:138
THE NEXT GARDEN MIX:138
THE NEXT GARDEN SUITE:136
CONDO ONE 52:95
RESIDENCE 52:77
THE TREE ONNUT STATION:166
MY CONDO 52:147
TKF:52

小計:1117

一口コメント/ソイ52はLOTUS横のソイ。こちらは全て低層タイプ、室内面積も40~50㎡前後のユニットが多く、ご夫婦、カップルのロングステイ滞在に向いています。ソイ54入口には規模は大きくありませんが、THE PHYLL というモールがあります。

気持ちの良い共有スペース

ソイ81、85方向
MY CONDO 81:146
REGENT HOME 81:717
REGENT HOME 85:634
REGENT HOME 4:404

小計:1901

一口コメント/家賃の手頃なアパートが多いエリアでもあります。夕方帰宅時には、モーターサイ(バイクタクシー)の順番を待つ行列がソイ入口に。夜間にはソイ奥への徒歩移動は少し厳しいかもしれません。

ソイを流れる小川の風景

漏れや室数の細かい違いがあるかもしれませんが、その点はどうぞご容赦を。合計してみますと約50プロジェクト、23360室!徒歩圏外のプロジェクト込みの数字とはいえ、一つの駅周りとしてはちょっと驚きの数字ですね。アパートや築古コンドミニアムを加えますと、一体どれくらいの数になるやら…….

表を眺めているだけでは特に使いようがないようにも見えますが、これから物件を買う予定がある方には、その良し悪しについて大いに参考になる点があります。以前と比してこれだけの既存プロジェクトがあるのですから、例えば新規のプロジェクトが発表された際には、必ず周囲に完成済みのコンドミニアムがあるわけです。ですので、それらのお兄さん格の現況~管理態勢、賃貸状況(賃料は?空き室がはどれくらい?)、転売状況(値付け、マーケットに流動性があるかどうか)~について、購入前にその実態を調べることが充分可能ということになります。

近隣の既存物件が「よく借りられている、よく売れている」ということであればいいのですが、それらの状況がダブつき気味であったならば、新規の物件購入については“ちょっと待て”ということになります。やがて数年後には、周りの兄弟たちの仲間入りを果たしていくわけですから。「今度の弟はとりわけ出来がいいぜ!」というポイントが際立っていれば、兄貴連中を追い抜くことが出来るかもしれませんが・・・

参考記事
タイのコンドミニアムは今買い時か?そうだとしたら選ぶ基準は?そうでないとしたら・・・第2回

バンコク中心部、オンヌット近くのプラカノンやプンナウィティ、より郊外のベーリンやサムロンにも多くの新築物件が建っていますので、今後また折に触れて、各エリアについて見ていくことにしましょう。

関連記事

2011年
◎オンヌットの過去・現在・未来

2012年
◎スクムビット ソイ77(ソイ オンヌット) “コンドミニアム街道” 小さな旅 その1
◎スクムビット ソイ77(ソイ オンヌット) “コンドミニアム街道” 小さな旅その2

2015年
◎最近注目のオンヌット~チーム・サンシリ VS ルンピニ軍団の陣取り合戦は続く

2016年
◎“オンヌットの先”でも遂に平米単価で15万バーツを突破、続々登場の新規コンドミニアム

---------------------------------------------------------------------------------------------------
HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ