Home » タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン

第7回 タイ人に好かれる秘訣、教えます!  変身!車の運転と酒の席でのタイの人々第7回 タイ人に好かれる秘訣、教えます!  変身!車の運転と酒の席でのタイの人々

[2014年9月9日(火) 2,348 views]

タイ人気質やタイでのマナーを考えるシリーズの第7回、今回は車の運転時とアルコールが入った際の、タイの人の“変身”ぶりについてのちょっとしたお話を。

タイの高速道路
皆、実はスピード狂?
「ハンドルを握ると人が変わる」という言い方がありますが、タイではこれに当てはまる人の割合が多いように感じます。ともかく飛ばすこと、飛ばすこと。一般道であっても“攻め”の運転に徹します。車間距離という概念自体が無いような気さえしてしまいます。急激な車線変更もしょっちゅう。(そういうことをしてもほとんど意味を持たないのですが・・・) タクシーやバスに乗っていて怖い目に遭った方も多いのではないでしょうか。

車だけでなくバイクの運転もこれまたアグレッシブ。モーターサイ(バイクタクシー)の後部座席にちょこんと横座りしている女性も多いのですが、事故にあったらどうするのだろう、と思わず心配になります。

ヒルトン バンコク チャオプラヤ CPグループ
ヒルトン バンコク チャオプラヤ CPグループ

現実問題として、タイでは交通事故が多発しています。仕事上どうしても必要ということでもなければ、日本で普段運転をされている方でも、自身での車やバイクの運転はなるべく避けられたほうがいいように思います。

アルコール、飲めば飲むほど内向きに?
ビール
「お酒が入ると人が変わる」、これもよく言われることですね。1年中ビール日和ともいえるタイ、確かにオープンエアーのパブなどで飲むキリリと冷えた生ビールは格別の味です。訪タイ回数が増えたりロングステイを始めると、地元の人々と一緒に飲む機会も多くなることでしょう。お酒は楽しく飲みたいもの。タイの人の飲み方のスタイルを知っておくのも悪くはありません。

ハイネケン 99バーツ ジョッキ ジンとラム カクテル

まずあらたまった席(上司が同席しているなど)の場合ですと、タイの人々は遠慮というか自制の意識が強く働きます。別の言い方をすれば楽しくない、寛げないということになります。実はお酒好き、という人でもグラスにちょっと口をつける程度です。

ムーカタをみんなで食べる

これが仲間内というか気心しれたメンバーでの飲み会となると一転、長時間腰をじっくり据えた飲み方に。日本とちょっと違うなと感じるのは“酔いのベクトル”が外に向かって発散されるのではなく、自分に向けて「こもった」感じになることでしょうか。勿論良い意味でテンションが上がる陽気な酒タイプの人も居るのですが、どちらかというと男性の場合は飲むにつれて目が据わってくる、女性ですと限界まで飲んでその場でダウン、というケースもよく目にします。(グループのなかに介抱役が居ることも多いのですが)

酒場でのトラブル(喧嘩や発砲沙汰)もタイではよくあることですので、こちらも頭の片隅に入れておきたいところです。夜遅い時間帯にローカルな酒場や繁華街に行かれる際には是非、タイ人の知人・友人とともに行動されることをお薦めします。

関連情報
◎バンコクのタクシーについて
◎バンコク大家が提案する“女性のためのタイ不動産選び”
◎ 第6回 タイ人に好かれる秘訣、教えます! 立つ?座る?/あげる?あげない? 席の譲り合いとチップのお話
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ