Home » タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン

家で食べるのが1番? タイ料理“出前ライフ”のすすめ家で食べるのが1番? タイ料理“出前ライフ”のすすめ

[2012年2月15日(水) 5,347 views]

本サイトのタイ生活情報とロングステイに関する記事でも取り上げていますがタイはまさに“外食天国”。屋台から高級レストランまで実に多くの種類の料理を気軽に味わうことができます。

参考記事
タイの外食を2倍楽しむコツ その1(皿料理編)
タイの外食を2倍楽しむコツ その2(麺類編)
タイの外食を2倍楽しむコツ その3(サラダ編)

タイ語のチラシ
タイ料理屋の出前メニュー、料理の種類も豊富

ところがタイは「外食」だけでなく「デリバリー~宅配~」の天国でもあるのです。外で食べるのが便利ならば、なにも出前を頼む必要はないのでは?という疑問ももっともなのですが、デリバリーの良さはこんなにあるのです。

・タイは年間を通して暑い日が続きます。体調の優れない時などはちょっとの外出がおっくうになることもあります。価格が安めの食堂や屋台などは冷房がないので、食べているだけで汗だくになることも。道端の店ですと車やバイクの排気ガスも相当なものがあります。その点自分の部屋ならば好みの室温で快適に食事ができます。
・夜中にちょっとお腹が空いてきたり、部屋に友人が訪ねてきた時などにもデリバリーは重宝します。後片付けも簡単ですし、調理で部屋に匂いがこもることもありません。

ハンバーガーセット
注文を受けてから焼き上げて配達してくれるハンバーガーセット

・「タイ料理は好きなんだけれどお店の清潔感が気になって・・・」という声をよく耳にします。確かに食器の洗い方やテーブルの上の汚れなど、気にし始めると抵抗を覚える方も多いかもしれません。その点デリバリーならば店で調理後、使い捨ての容器やビニール袋に入れて配達してくれますので清潔度もアップ。タイの飲食店は一部の高級店以外はプラスチック製の安物の皿を使うことが多いのですが、デパートやマーケットで気にいった食器を買い求めておけば、見た目の感じもグッとよくなりより美味しく食べることができます。
・ファーストフード系から日本料理、地元のタイ料理まで種類も多種多様。デリバリーを頼む頻度が多くなっても飽きることがありません。(住むエリアによって状況は異なります)

日本語フリーペーパー ファストフード
情報誌掲載の日本食の宅配広告 ピザやハンバーガーなどファーストフードも充実

個人的に愛用しているのが夜遅くまで営業している近所のタイ食堂屋さんです。タイ料理の数々を1品数十バーツで配達してくれます。

野菜炒めライスとソムタムキャロット
ご飯ものとニンジンのピリ辛サラダ、合計で100バーツほど

ご飯もの、スープもの、麺類なんでもござれ。アイスティー、アイスコーヒー、ビールなど飲み物のオーダーも勿論オーケー。外で食べるのもよし、持ち帰ってもよし、デリバリーもよしとまさに食の天国タイランドといったところです。

関連情報
◎バンコク交通事情 自転車とモーターサイ
◎バンコク滞在 初心者のためのQアンドA
◎バンコク大家的“なにもしないタイの休日”
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ