Home » タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン

500円予算でどれだけ買える?atバンコクのコンビニ~まだまだお得なタイランド500円予算でどれだけ買える?atバンコクのコンビニ~まだまだお得なタイランド

[2016年12月20日(火) 824 views]

タイでコンビニエンスストアといえばまず思い浮かぶのがセブンイレブン、店舗数が多く「セブン」という単語がイコール、コンビニショップを指す意味合いで使われています。最近ではマックスバリューやローソン、ファミリーマートなどもよく見かけるようになりました。“ちょこちょこ買い”というのは、タイ人の購買スタイルに思いのほかフィットしているのかもしれませんね。

さて今回は日本円で500円(約150バーツ程度)予算で、どういったものが買えるのか、某コンビニで試してみました。近年物価の上昇が激しいタイですが、日用品(食品)の価格水準をちょっと探ってみることにしましょう。

a-ha コーヒー 6パック

まずは紙パックのコーヒー飲料。6パック(180ML)×2で計12個。カプチーノwithチョコラテと書いてあります。甘味がかなり強いので、グラスに移して氷を入れるくらいがちょうど良い感じ。値段は78バーツ、1個当たり6.5バーツ(約21円)です。

JAXX  ポテトチップス

スナック菓子(ポテトフライ)です。2個で21バーツ、1つ当たり10.5バーツ(約35円)

スイカの種

こちらはスイカの種をローストしたもので味付けは塩のみ。簡単なビールのつまみといったところでしょうか。2袋で16バーツ、1つあたり8バーツ(約26円)

アーモンド チョコレート

アーモンドチョコレート。但し正確に言えば“チョコ風味”ですが。(タイは純正のチョコレートは結構高いですね) 25バーツ(約82円)
クアクリン

お弁当です。これはクアクリンというタイ南部でよく食べられるおかずが付いていますが、簡単に言うと鶏挽肉のピリ辛炒め、です。それにミニサイズの卵焼きと白米。全体のボリュームは(日本の弁当と比較すると)少な目です。45バーツ(約145円) 以前はこのような弁当類はタイのコンビニではほとんど見かけませんでしたが、最近はかなり種類が充実してきました。

500円 すべて込み

さて、これだけ買っていくらかといいますと、185バーツ(税込み)。日本円で500円枠はちょっとオーバーしてしまいましたが、かなりのお得感がありませんか?実は2セット(個)単位で買っているものは“1個買うと、もう1個はタダ”~“”BUI 1 GET FREE 1”という、タイのショップで良く見かける割引システムを大いに利用した結果なのです。

コンビニ以外のスーパーマーケット、デパートやショッピングモールなどでもこういったプロモーションをよく展開していますので、保存のきくものやまとめ買いが出来るもの、特に銘柄等にこだわりが無い場合などは、賢く利用するといいですね。旅行者の方も、職場への“バラマキ土産”を買うときなどに重宝すると思います。食料品以外でもTシャツなどのカジュアルな衣料等は、ローカルな市場に行くと大変安価に売られています。機会のある方は是非ぶらぶらと足を運んでみてはいかがでしょう。(参考記事/スカイトレイン延伸ライン スポット紹介② ウドムスック マーケット

最後にちょっと下の画像をご覧ください。

人参 ブロッコリー ライスベリー 豚肉

ある日の自室での軽食なんですが、なかなかヘルシーそうでしょう?で別に自炊したわけではなく・・・

タイのセブンイレブンの弁当

こちらもコンビニ(セブンイレブン)弁当なんです。味付けもシンプルでお腹に優しい感じがします。で、価格は49バーツ(160円程度)。比較的最近登場したものですが、「唐辛子ダメ、パクチー大嫌い」の方でも全く問題ありません。ホテルに帰っての夜食などにもいいかもですね。

関連情報
◎タイ生活情報とロングステイのカテゴリー記事一覧
◎安い?高い? タイの生活費について
◎バンコク滞在 初心者のためのQアンドA
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ