Home » コンドミニアム情報 パタヤ, ヘッドライン

大きいことはいいことだ? 1064室 VS 32室 パタヤの新築2プロジェクト大きいことはいいことだ? 1064室 VS 32室 パタヤの新築2プロジェクト

[2013年5月7日(火) 3,371 views]

複数棟の構成による大型物件のアナウンスが続くパタヤ。その多くはジョムティエンビーチの内陸部に集中しているが、近年パタヤに進出した大手ディベロッパーのルンピニ社のプロジェクトも、バンコクの同社の物件と同じく部屋数が多い。パタヤの多数ユニットの既存の中古物件としては View Talayの各プロジェクトやJomtien Complexなどが思い浮かぶが、今回紹介するGRANDE CARIBBEAN CONDO RESORT PATTAYA(グランドカリビアン コンドリゾート パタヤ) は全1064室と、各社の新規物件のなかでもかなり目立つ規模だ。

立地はソンテウでの行き帰が容易なタープラヤ通り沿い。表通りに面しているので、夜間の帰宅時にも便利だ。30階建ての高層棟と低層4棟で、ユニットタイプは34.5平米の1ベッドルームが主体。室内の調度品は価格に含まれている。

カリビアン

モデルルーム キッチン bathroom
bed livingroom

敷地内には大型のプールは勿論、滝・灯台・海賊船などが配置され、さながらちょっとしたテーマパークのような景観。子供の居る家族連れには楽しい滞在が期待できそうだ。(PATTAYA TODAY紙 2013年5月1~15日号によると予約率は72%)

カリビアン外観

本サイトでも以前の記事でお伝えしていた SIXTY SIX CONDOMINIUM (参考記事/パタヤビーチプライムエリアに新プロジェクト登場!SIXTY SIX CONDOMINIUM)こちらはうってかわって全32室、各フロア毎の部屋数も6室前後とプライベート感のある造りだ。

66コンド

前回の記事中でも触れたように、パタヤのメインビーチに徒歩圏という希少価値のロケーション。ショッピングモールもごく近い距離にあるので、買物や外食(モール内に複数の日本レストランあり)にも重宝する。

BIGC パタヤ フジレストラン

ロケーションもさることながら、物件の規模やデザイン(全体の部屋数、フロアあたりの部屋数、中心となる間取りのタイプ、共用施設の有無や種類)によって、住んでみた際の感覚~住み心地は随分と異なってくるもの。購入にあたっては自分の好みにあったタイプの物件を選びたいものだ。

外観 パタヤ不動産
室内 ベッド
内装完成 ユニット内装完成

*文中の数字等は変更の可能性があります。

関連情報
◎タイで不動産投資をしてみたいですか?第8回アンケート 結果発表!
◎さすがの底力 サンシリ社の1000室超のパタヤ新プロジェクトThe BASE CENTRAL PATTAYA(ザ ベース セントラル パタヤ) ほぼ全室完売
◎エリア情報~パタヤ~
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ