Home » コンドミニアム情報 バンナー~ベーリン, タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン

昼はリーズナブルな中古コンド見学 夜はクラフトビールで乾杯~バンナー交差点を東へ西へ昼はリーズナブルな中古コンド見学 夜はクラフトビールで乾杯~バンナー交差点を東へ西へ

[2016年7月5日(火) 960 views]

バンコク市内で「交差点」という言葉で思い浮かぶのが、アソークやサトーンそれに今回取り上げるバンナー(BANGNA)といったところ。在タイの方であればイコール大渋滞のイメージにも繋がる。バンナー交差点周辺には現在アーナンダ社の大型物件が建築中だが、交差点の西側サンパウット通りを進むと高層大型の中古コンドミニアムBANGNA RESIDENCEがある。外壁を塗り直したので以前よりもモダンなイメージに。

バンナーレジデンス コンドミニアム

事務所と廊下

扇風機がある吹き抜けのロビー セブンなど大手チェーンではないタイの地元コンビニエンスストア

1階には事務所やコンビニがあり、最近では洒落た雰囲気のレストランもオープンしている。

バンナーのお洒落なカフェ 白人客 ワインセラーもある

間取りは約62㎡の2ベッドルーム(2LDK)が主体。下記の画像は家具一式付のユニットだが、日本のマンションに雰囲気が似ており(各部屋により内装、室内家具等は異なる)、シニア世代の単身~夫婦でのロングステイにも向いている。また郊外の工業団地にもアクセスがしやすく、周辺に高層の建物が少ないので眺望の良い部屋も多い。

ダイニングルーム

キングサイズのベッドと寝室 柔らかな日差し

シャワー、トイレと洗面台

キッチンと2ドア大型冷蔵庫

共有施設のスペースもゆったりとしており、この辺りは築古プロジェクトの良さだろう。

バルコニーからの眺め

散歩コーナー 植栽が多い

価格についてはユニットによってかなり差異が生じているが、見学した部屋については下記の通り。㎡単価で5万バーツ台と、近隣の新築物件と比して半額程度かそれ以下の水準であり、お得感がある。留意点としてはスカイトレインのバンナー駅およびウドムスック駅双方から、徒歩では10分以上かかることか。(また周辺には商店等が少ないので夜間は人通りが少なくなる)

バンナーレジデンス コンド 不動産価格

交差点を東側(バンナートラッド通り)に3キロ程進むと、大型デパートのCENTRAL BAGNA とスーパーのBIGCが並ぶ賑やかな一画があるが(参考記事/スカイトレイン延伸ライン スポット紹介⑥ セントラルデパート バンナー店)、近年その裏手にレストランやカフェ、パブなどが次々にオープンし、ちょっとした人気スポットになってきている。、

バンナーのオープンエアーレストラン

日本食レストラン 着物を着るタイ人

ビーフ ポーク 食べ放題ビュッフェ店 500バーツを切る 小さなレストランモール

以前からひなびた感じの野外レストランなどはぽつぽつあったのだが、複数の日本料理屋を含め、どの店舗も20~30代に人気が出そうな都会的なイメージだ。そのうちの1軒に入ってみると、店内はなかなかゴージャスな造りで、トンローやランスワンにあってもおかしくないレベル。

フルーティなクラフトビール

バーの様子 都心のようにお洒落 味付けの良いトート マンクン

バンコクは今、クラフト(地)ビールのブームでこの店もそれをウリにしている。フードメニューも充実しており、味もなかなかのもの。バンコク中心部の繁華街でなく、バンナーで過ごす夜のひと時もまた、楽しいものだ。

関連情報
◎バンナー交差点にメガ・ショッピング施設THE BANGKOK MALL~THE GRAND METROPOLIS~ 2017年に誕生
◎注目のバンナーエリアのランドマークとなるか  The Coast
◎2016年度最新版!暮らしているから伝えられる~スカイトレイン延伸ライン 各駅別の生活事情採点表 PART 2 ウドムスック・バンナー・ベーリン
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ