Home » コンドミニアム情報 バンナー~ベーリン, ヘッドライン

バンコク大家が行く~5年前に70万バーツ(当時 約200万円)で売り出された格安コンドミニアムの今を現場検証バンコク大家が行く~5年前に70万バーツ(当時 約200万円)で売り出された格安コンドミニアムの今を現場検証

[2015年12月1日(火) 2,494 views]

様々なタイプのタイ不動産を取り上げてみる“バンコク大家が行く~”のシリーズ、今回は今から5年前に約70万バーツ~で販売されていたコンドミニアムの現状を室内、施設および周囲の環境を含めて、徹底的にチェックしてみることにしましょう。

ルンピニ スクンビット105の当時の価格表

こちらがそのコンドミニアム Lumpini Ville Lasalle-Barringの2011年3月時点での価格表。発売から数カ月経っているが、26㎡のユニットが80万バーツ台という安さ。この時点で既に売り切れとなっていた22.5㎡のユニットは69万9000バーツ~という当時でも驚きのプリセール価格だった。ちなみにディベロッパーはお馴染のルンピニ社だ(参考記事/バンコク大家によるディープ分析!今注目のベーリンエリアの最新物件情報 LUMPINI VILLE LASALLE-BARRING,i condo sukhumvit 105,CASSIA CONDOMINIUM,Kensington Condominium,BLIZ CONDOMINIUM

ルンピニ 外観

ルンピニ 2棟 格安コンドのLPN社

現在では勿論建物は完成しており、入居済み。敷地内は清掃が行き届いており、図書室やプール、フィットネス、バスケットコート等、施設も充実している。

プレイグラウンド バスケットコート
ライブラリー 待合ロビー

スイミングプール

室内に入ると(画像は22.5㎡のもっとも小さいタイプ)、テナントさんが退出した直後だったらしく若干雑然としているが、グレード感はないものの「あまりにも安くてとても住めそうにない」というようなことではないレベル。学生さんやタイの生活に馴れている単身の外国人なら充分住めそうな雰囲気だ。(実際、外国人もかなり住んでいるとのこと)

ベーリン 賃貸 空室 キッチン
トイレと洗面所 扇風機とソファ 居間の様子

ルンピニコンドミニアムからの眺望

周囲に高い建物が無いので、部屋からの眺望も良い。コンドミニアムの隣には上記の画像にも見える、タイでもトップレベルのインター校 BANGKOK PATTANA SCHOOL があり、洒落た感じのカフェやレストランもある。

バンコク インターナショナルスクール  パタナスクール

ソイ ラサール カフェ

またかなり規模の大きいマーケットも近隣にあるので、最寄駅(スカイトレインのベーリン駅)からは離れているものの、生活に不便ということではない。コンドミニアムのすぐ斜め前の道はお隣のソイ107(ソイ ベーリン)に抜けることが出来るが、通り沿いにはレストラン、カラオケ、バーなどが揃っており、ちょっとしたナイトスポットになっている。

食堂 スヌーカー ビリヤード店

そのうちの一軒に入ってみたが、値段も雰囲気もローカル度満点。ナナやアソークなどの中心部の繁華街とは全く別の時間が流れている。

タイ料理レストラン

池が脇にあるレストラン チルアウト

美味しいタイ料理 ちょっと辛い 木製のビンテージ風イス

最後に下記の画像をご覧ください。

lumpini ville lassale bearing  rent

こちらは現在の賃貸料金。22.5㎡のタイプで6500バーツ~、26㎡のタイプで7500バーツ~、ということは売り出し初期に購入していれば10%以上のリターンも可能ということに・・・ちなみに現在のリセール価格は22.5㎡のユニットで110万バーツ~ほど(勿論、部屋によって異なる)となっている。買っておいてもよかった、かもしれませんね・・・

*文中の数字・仕様等は変更になる可能性があります。

関連情報
◎【シリーズ連載】 バックナンバー バンコク大家が行く
◎もう一つのベーリン物語~スクムビット ソイ105(SOI  LASALLE)
◎あの頃 君は安かった~タイのビール価格、今昔物語
—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ