Home » タイ生活情報とロングステイ, ヘッドライン

手頃な家賃が嬉しいタイのアパート 外国人も気軽にその日からステイOK手頃な家賃が嬉しいタイのアパート 外国人も気軽にその日からステイOK

[2017年5月2日(火) 341 views]

前回の記事 バンコクの見知らぬソイに誘われて ~手頃なアパートが立ち並ぶバンナー界隈の風景 ではタイのアパートについて触れてみましたが、今回は引き続きアパート事情全般や探し方についてご紹介していきましょう。近年コンドミニアムの数が非常に増えてきましたので、賃貸物件として利用するケースも一般的になってきましたが、地方からバンコクにやってきた若い世代にとっては、低家賃設定のアパートはやはり未だに頼れる存在です。またコンドミニアムのレンタルでは1年単位が原則ですが、1月単位での短期契約が結べるアパートは、外国人滞在者にも使い勝手が良いのです。

1月単位での短期契約が結べるタイのアパート

コンドミニアムの賃貸ですと、スタジオタイプのユニットでも5000バーツ前後からのスタートになりますが、アパートであれば3000バーツ台から探すことが可能です。(郊外エリアに行くと2000バーツ以下の部屋もありますが) 部屋の造りはいたってシンプルですが、ベッドや机、椅子などのベーシックな家具は供えられています。エアコンや冷蔵庫の有無については低家賃のアパートではオプションになっている場合も多いようです(冷蔵庫を置きたい場合は月に500バーツプラスする等)

とあるアパートの家具や共有施設

手頃な家賃のアパートではコンドミニアムに見られるようなプール、フィットネス、ライブラリーなどの共有施設については見劣りしますが、食堂(部屋まで出前もしてくれたりします)や雑貨店、美容院などが1階に揃っていることも多く、日々の生活には実に便利。アパートが集まっているエリアにはマーケット(市場)や屋台、ソフトドリンクのスタンドやコンビニなどがありますので、「タイ料理は全くダメ」ということでなければ、外国人でもステイOK、煩雑な契約手続きも必要ありません。

アパートの月額料金に含まれる内容

スカイトレインや地下鉄の駅近くですとやはり高めの価格になりがちですが、バンコク市内でも1万バーツ以下の価格帯で、新築かつ清潔感のあるアパートを探すことが可能です。新しい物件はセキュリティーの面でも安心感がありますし、ロビーや庭園、各部屋の造りなどにちょっとした工夫やセンスの良さが感じられるアパートも増えています。

アパートの部屋の比較表

下記のサイトには多数のアパート情報が掲載されていますので、ちょっと眺めてみるだけでも楽しいかもしれませんね。

Thaiapartment.com
http://www.thaiapartment.com/

タイ暮らしを気軽に体験できるアパートステイですが、何点か注意事項を。

◎低家賃のアパートですと炊飯設備(コンロ)が無い場合も多いです。自炊派の方は要チェック
◎月々の電気代が(電気局から各戸に対して直接請求の)コンドミニアムと比して、高めの設定です
◎駐車場のスペースはかなり限られています
◎ソイ(路地)奥の立地の場合は特に夜間の移動について事前に確かめましょう
◎フロント(管理室、受付)スタッフの対応には大きな差があります。フレンドリーな対応の物件をチョイスしましょう

■関連情報
◎バンコクのタクシーについて~上級編 使いこなせばアクセス自由自在!
◎歩きたくても歩けない? タイでの最寄り駅からの徒歩表示の難しさ
◎バンコク大家が行く~これは“お借り得” スカイトレイン駅から徒歩圏、住環境良好の築浅アパートが家賃4500バーツ~(1万円台)!

---------------------------------------------------------------------------------------------------
HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ