Home » ヘッドライン, 日本とタイのニュース配信

【タイ不動産】第24回ハウス&コンドミニアム・ショウ2011年3月【タイ不動産】第24回ハウス&コンドミニアム・ショウ2011年3月

[2011年3月18日(金) 3,297 views]

先日、 バンコクのクイーンシリキット・ コンベンションセンターで開催された第24回ハウス&コンドミニアム・ショウ/House & Condo Show (: 一戸建てやコンドミニアムなど不動産 関連の総合住宅展示会)に行ってきました。

シリキット ハウスアンドコンドショウ

以下、簡単なレポートをお伝えします。
私ははじめてこのコンドイベントに参加しました!MRT(地下鉄)シリキットコンベンションセンター駅に着くとすでに沢山のタイ人が下車して会場に向かっていました。

■会場の様子

会場に入ると想像以上の人出にびっくりです。そのほとんどがタイ人でしたがおそらくタイ人と結婚しているであろうファラン(白人)も散見されました。

会場内のブースはコンドニミアムのブースが全体の7割以上、他には建売のブース、競売のブース、銀行ローンのブースがありました。キャンペーンガールやエージェントスタッフに声をかけられましたが、私からも関心があったものは声をかけてみました。接客姿勢としては特に押し売り感はなく「関心あればどうぞ」といった感覚です。このあたりは日本の例えば「賃貸住宅フェア」と同じような感じです。希望すればパンフレットやプライスリストの入手ができ、PCか登録用紙から登録を行うこともできます。登録した方はその後、追って商談するという流れのようです。

競売

■コンドミニアムのプロジェクトのエリア

エリアはもちろんバンコク都内が中心ですが、ノンタブリなどバンコク近郊やホアヒンなどのリゾート物件のブースもありました。エリアについてはバンコク大家でいうBTSスクムビット延長区間1(オンヌット~ウドムスックおよび延長区間2(バンナー~ベーリン)が最も物件数が多かったです。他のエリアですとMRT路線沿いのスティサンやラチャダピセーク、ラチャヨーティンなど市北部のほうでもたくさんのプロジェクトのブースがありました。

バンコク BTS 路線

80万バーツを切るバンコクのコンド

■狙いのターゲット

価格帯は20平米台ながら80万バーツを切るプロジェクトもあり、タイ人の中間層が購入できる価格帯を意識したものが多いと思いました。またこのイベント開催中に予約をすれば購入額が安くなる、家具をセットでつけるといったプロモーションを行っているところもたくさんありました。中にいるタイ人は格別富裕層という雰囲気でもなく様々な客層がいる印象がしました。逆に言えばそれだけ中間層を中心としたタイ人に身近に感じられるものだとも言えます。

このバンコク及びバンコク郊外の不動産マーケットの活況を見てタイの景気の良さを改めて感じます。BTS(スカイトレイン)やMRTの延伸に合わせ、ショッピングモールや政府関連の建物が出来、それに合わせ住宅も着工されるという好景気の循環がおきています。GDP成長率が7%を超える国というのはこういうものなのかと、日本のバブル時代が幼少時で記憶が少なく、日本の地方都市から来た私には新鮮に感じられます。

バンコクコンドショウ キャンペーンギャル

どっさりと新築コンドニミアムのプライスリストをもらってきたので、詳細についてご関心ある方はメール下さい!

関連情報
◎HOME BUYERS’EXPO 2012(8月 23~ 26日)クイーン シリキット コンベンションセンターで開催
◎タイで不動産投資をしてみたいですか?第5回アンケート 結果発表!
◎バンコク大家によるディープ分析~いかにしてタイのコンドミニアムの値段は上昇するのか?②

—————————————————————————————————

HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ