Home » エリア情報, ヘッドライン

タイステイにお勧め~スカイトレイン駅至近 コンビニ&市場&個人商店が揃う スクムビット ソイ105タイステイにお勧め~スカイトレイン駅至近 コンビニ&市場&個人商店が揃う スクムビット ソイ105

[2017年2月7日(火) 799 views]

スカイトレインのベーリン駅が最寄りのスクムビット ソイ105(ソイ ラサール)は近年新築コンドミニアムのアナウンスが続いている通りだが(参考記事/もう一つのベーリン物語~スクムビット ソイ105(SOI  LASALLE))、ソイ自体もローカル情緒溢れるなかなか魅力的な一帯だ。今回は2017年1月時点での状況を画像とともに見ていくことにしましょう。

駅前のフットサルコート

雑然としていた駅前にはフットサルのコートが完成。ソイ内を進むと味自慢のタイ食堂が並んでおり、タイ料理が好きな人には食べ比べも楽しいだろう。勿論価格は安く、各種麺類やおかず&ご飯の組み合わせで35バーツ~、ソフトドリンク(アイスコーヒーやアイスティーなど)も20バーツ台から揃っている。

1杯40バーツのクゥエイチャップ

増えているソイ内のコンビニエンスストア

上記の画像はソイ内の1軒。クゥエイチャップという麵料理(巻いた太米麺に豚肉や卵が入っている)で1杯40バーツ。ソイ内で増えているのがコンビニエンスストアで、ごく狭い範囲に3店舗(反対側にはファミリーマートも)が並んでいたりする。

大手スパライ社のSUPALAI CITY RESORT BEARING STATION-SUKHUMVIT105

前回の記事の際には建築中だった大手スパライ社のSUPALAI CITY RESORT BEARING STATION-SUKHUMVIT105 は完成済み。(ベーリン駅からは400メートル弱といったところ)

中古コンドミニアム LA SALLE PARK

上記画像はこのソイの中では“第一世代”の中古コンドミニアム LA SALLE PARK
築10年超で8階建て4棟、計700室の大型物件だが、「昭和の日本の団地」を思わせるような外観だ。現在の売買価格は㎡単価で3万バーツ~と大変にリーズナブル。近年のプロジェクトにあるようなモダンな要素(スペースの広いエントランスやライブラリーなど)は無いが、スカイトレイン駅から充分徒歩圏であり、周囲には食堂、コンビニ、ソフトドリンクのスタンドも揃っているので、タイ生活に慣れた方ならば不自由なく暮らせるだろう。

なお、前述のスパライ社のプロジェクトの近くに1000室以上の規模のメガプロジェクト(8階建て×6棟 スイミングプール フィットネス ジョギングトラック カフェ&パブなどの施設が付帯)も建設予定となっている。  

ウドムスックやバンチャック、プンナウィティの駅近新築プロジェクトが軒並み、㎡単価で15万バーツ以上の価格帯に突入している昨今(参考記事/“オンヌットの先”でも遂に平米単価で15万バーツを突破、続々登場の新規コンドミニアム)、価格的には割安感があるのは確かだ。自己居住用(ロングステイや来タイ時の住居)でのコンドミニアム購入を検討している向きには、◎スワンナプーム空港からの距離も近い◎近隣に大型商業施設開発(バンコクモール)の計画がある、といったことを考え合わせると注目のエリアといってよいだろう。

*文中の数字・仕様等は2017年1月時点のもので変更になる場合があります。

関連情報
◎新春企画① バンコクでは今ウドムスックが熱い?「地元民目線」で語る リアル“UDOMSUK”の全て~不動産編
◎コンドミニアム激戦区のスクムビット ソイ64~中心部やスカイトレイン駅から離れても平米単価で10万バーツの大台に
◎2016年度最新版!暮らしているから伝えられる~スカイトレイン延伸ライン 各駅別の生活事情採点表 PART 2 ウドムスック・バンナー・ベーリン

---------------------------------------------------------------------------------------------------
HOME 初心者ガイド ニュース コラム 購入の流れ 生活情報
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ