Home » Archive

コラムのカテゴリー記事一覧

コラム, ヘッドライン »

[2017年8月8日(火) | 349 views]
大都会バンコクのhigh&low~あらゆる人が集う街

故黒澤明監督の作品で「天国と地獄」(1963年)という映画をご存知の方は多いでしょう。歴史物でなく現代(映画が作られた当時)を舞台とした作品としては特に親しまれている1本だと思います。作中では三船敏郎演じる富裕層とそうでない(と少なくとも自分で思っている)山崎努の演じる犯人役との一騎打ちという構図が展開していきますが、この英訳はheaven&hellではなく、high&lowとなっています。
(さらに…)

コラム, ヘッドライン »

[2016年12月27日(火) | 601 views]
さようなら2016年~不動産からリゾート、タイ料理まで  画像で振り返るベスト&アウトテイク集 byバンコク大家

今年も残り僅かとなりました。皆様、年の瀬をいかがお過ごしでしょうか?今回は2016年最後の更新記事ですが、今までの記事中でお届け出来なかった画像を中心にタイ不動産、タイの日常生活などについての“蔵出し企画”(そんな大袈裟なものではありませんが)をお送りします。
(さらに…)

コラム, ヘッドライン »

[2016年10月11日(火) | 839 views]
俺の予約した部屋はこれじゃない!タイの新築コンドミニアム予約 プンプン顛末記

もう、6~7年前のことなんですが、バンコク市内のとあるところに建設予定の新築(未完成)コンドミニアムを予約したことがあるんですね。その時点ではセールスオフィスとかモデルルームもなにもない状態で、建設予定地は草ぼうぼうの更地があるだけ。当時既に自己居住用の中古コンドは購入していたんですが、プロジェクト全体のデザインとかがちょっと“いい感じ”に思えたので。値段も手頃でしたし。
(さらに…)

コラム, ヘッドライン »

[2016年6月14日(火) | 1,488 views]
あなたの買ったタイのコンドミニアムがAirbnb~民泊の舞台になったなら

最近ディベロッパーのスタッフやタイ人大家さんとの会話のなかで、Airbnb~いわゆる「民泊」の話題が出ることが多くなりました。今回は“どのような規制が考えられるか”“観光業界の出方は?”“運用利回りは?”“どの立地の物件が適当か”・・・といった「思惑」的な視点ではなく、住人からみる視線でタイのコンドミニアムにおける民泊について考えてみることにしましょう。数人のグループ(各自1室利用)が数日間のタイ旅行を楽しむために、タイのコンドミニアムを利用する~としてみます。
(さらに…)

コラム, ヘッドライン »

[2015年11月17日(火) | 1,813 views]
タイのコンドミニアム 間取りの不思議~なんで そうなるの?

先日バンコク市内の古本屋で「間取りの手帳/佐藤和歌子著・ちくま文庫」なる本を買い求めました。
(さらに…)

コラム, ヘッドライン »

[2015年9月22日(火) | 1,620 views]
パタヤ~リゾート地の光と影  あのコンドミニアムはどこへいったの?

バンコクやスワンナプーム空港から車で2時間前後の気軽なビーチリゾート、パタヤ。
(さらに…)

コラム »

[2013年11月19日(火) | 2,934 views]
バンコク大家によるディープ分析~いかにしてタイのコンドミニアムの値段は上昇するのか?⑤

今回は、いかにして上昇するか?ではなくて、いかにして上昇しないか?という、いわば番外編をお届します。タイの新築コンドミニアムは概ね、先行予約~建設開始~建物完成~築数年程度は価格が上がっていくことが多いのですが、勿論100%の物件に当てはまるわけではありません。今回は“そうはならなかったプロジェクト”について、みていくことにしてみましょう。
(さらに…)

コラム, ヘッドライン »

[2013年8月13日(火) | 3,600 views]
バンコク大家によるディープ分析~いかにしてタイのコンドミニアムの値段は上昇するのか?④

新築コンドミニアムの価格の動きを時系列で探ってみるシリーズの4回目、今回はスカイトレインのプラカノン駅近くに完成した大型物件の SKYWALK(50階建て 520室)&LE LUK(27階建て 285室)CONDOMINIUM という物件を取り上げてみましょう。既に入居が開始されているプロジェクトですが、売り出し最初期の6年前から現在に至るまでの販売価格変動を追っていくことにします。
(さらに…)

コラム, ヘッドライン »

[2013年5月21日(火) | 2,778 views]
バンコク大家によるディープ分析~いかにしてタイのコンドミニアムの値段は上昇するのか?③

新築コンドミニアムの価格の動きを時系列で探ってみるシリーズの3回目、今回はラチャダピーセク通りとラプラオ通りの交差点近くに建設中の HAUS23 という物件を取り上げてみましょう。
(さらに…)

コラム, ヘッドライン »

[2012年8月7日(火) | 2,946 views]
歩きたくても歩けない? タイでの最寄り駅からの徒歩表示の難しさ

バンコク大家にはタイ不動産&生活情報についてのお問い合わせを色々と頂きますが、なかでも多く寄せられるのが「スカイトレインの○○駅から徒歩10分以内で手頃な価格の物件がありますか?」といったご質問。日本では不動産の立地については、JR・私鉄・地下鉄の各駅からの徒歩時間での表示が一般的なので、至極ごもっともなお尋ねなのですが、これについてのお答えは実は非常に難しいのです。「簡単な内容なのになぜ?」と思われる向きも多いでしょうから、今回は日本と異なるタイ不動産事情のひとつとして、ご説明していくことにしましょう。
(さらに…)